フィギュアスケートのISUグランプリファイナル2017、男子シングルの出場選手を決めるポイントランキングから出場条件をまとめてお届けします。

ポイントランキングにフランス大会の結果を反映しファイナル出場を決めた選手を一番下に掲載しました。

10月から始まるグランプリシリーズ2017では各選手が6戦のうち最大2試合にエントリーし、順位をポイント化してファイナルを目指します。

グランプリファイナルの出場選手の人数はわずか6人と世界一決定戦の中でも出場条件が厳しい大会です。

↓ファイナル出場選手と出場条件はこちら↓
GPF男子の出場選手GPF女子の出場選手

グランプリシリーズ2017 シニア・ジュニアの全選手のポイントランキング
シニア男子シニア女子ジュニア男子ジュニア女子

出場条件
男子・女子

グランプリファイナル2017 男子の出場選手とポイント・出場条件

ISU Grand Prix of Figure Skating 2017/2018

まずはポイントランキングを確認していただいた上でファイナル出場条件について記載したいと思います。

※11月19日、第5戦フランス終了時点

ファイナル出場の可能性のある選手と日本代表選手のみ抜粋しています

ISUグランプリシリーズ2017 男子のポイントランキング抜粋

順位 選手 ポイント RUS CAN CHN JPN FRA USA
1 宇野昌磨 日本 28 15 13
2 ミハイル・コリヤダ ロシア 26 11 15
↑グランプリファイナル出場権獲得↑
3 ジェイソン・ブラウン アメリカ 22 13 9
4 ハビエル・フェルナンデス スペイン 20 5 15
5 ミーシャ・ジー ウズベキスタン 20 9 11
6 アレクサンドル・サマリン ロシア 20 11 9
8 ネイサン・チェン アメリカ 15 15 X
9 セルゲイ・ボロノフ ロシア 15 15 X
12 ボーヤン・ジン 中国 13 13 X
13 アダム・リッポン アメリカ 13 13 X
↑グランプリファイナル残り4枠の候補選手↑
11 羽生結弦 日本 13 13 R
24 田中刑事 日本 4 4
25 友野一希 日本 4 4
36 佐藤洸彬 日本 0 0
39 無良崇人 日本 0 0 X

グランプリファイナル2017 男子の出場条件

基本的にポイントの上位6選手が出場できるのですが、同一ポイントで並んだ場合は下記の条件で順位をつけます
1.2戦のうち最上位の試合の順位が高い選手
2.それも同じ場合は2試合のスコアの合計
この他も条件はありますが優先順位の高いこの2つの条件で決着がつく場合がほとんどです。

ということで優勝が最も有利、さらに0.01点でも高いスコアを獲得していることが重要になります。

2試合で表彰台にあがればファイナル出場の最低条件、混戦だと条件が複雑になり最後までわからないのがグランプリファイナル出場条件です。

フランス大会まで5試合が終わり日本の宇野昌磨選手とロシアのミハイル・コリヤダ選手がファイナル出場を決めました。

まずファイナル出場を決めたのは日本の宇野昌磨選手。優勝+2位で他の選手の結果に関係なくGPファイナル出場権獲得です。

ロシアのミハイル・コリヤダ選手はロステレコム杯3位+中国杯優勝で26ポイント獲得しており、フランス大会の結果を受けてグランプリファイナル出場が決まりました。

残りの男子のグランプリファイナル出場枠は4枠です。

すでに2試合を終えている選手では現在3番手から6番手につけているジェイソン・ブラウン選手、ハビエル・フェルナンデス選手、ミーシャ・ジー選手、アレクサンドル・サマリン選手にもスケートアメリカの結果によってはチャンスがありますが、スケアメにはGPS1試合目で優勝・2位の選手が4人いるので現実的なのは4番手のフェルナンデス選手まででしょうか。

スケートアメリカの出場選手のうち、1試合目で優勝しているネイサン・チェン選手、セルゲイ・ボロノフ選手、1試合目が2位だったボーヤン・ジン選手、アダム・リッポン選手にファイナル出場の可能性があります。

ターゲットラインは現在6位の20ポイントですが20ポイントで並ぶと上述の通り1試合目の順位や2試合のスコアでの争いになるので確実なのは3番手の22ポイントを上回ること。

ボーヤン・ジン選手、アダム・リッポン選手は13ポイント持っているので22ポイントを上回るには11ポイント、つまり3位以内で表彰台に上がる必要があります。4位でも他の選手の結果によってはファイナルに出場できます。

ネイサン・チェン選手、セルゲイ・ボロノフ選手は優勝しているので3番手のジェイソン・ブラウン選手に22ポイントで並んでも優勝のないブラウン選手より上の順位になるので15+7で22になる5位以内で確実。

→2017/11/10 羽生結弦選手はNHK杯欠場のためグランプリファイナル出場はできません。

グランプリファイナル2017 男子の出場選手

第5戦フランス大会の結果により下記の選手のグランプリファイナル出場が確定しました。

・宇野昌磨選手(優勝+優勝=15+13=28P)
・ミハイル・コリヤダ選手(3位+優勝=11+15=26P)