フィギュアスケートの世界一決定戦の一つ、ISUグランプリシリーズの決勝、グランプリファイナル2017の出場選手を決めるポイントランキングの女子シングル編です。

グランプリシリーズは6試合が行われ各試合に12人が出場、一人2試合まで出場でき順位に応じたポイントが与えられそのランキング上位6選手がファイナルに出場します。

出場枠が少ないため出場権争いがシリーズ終盤の注目のポイントになります。

↓ファイナル出場選手と出場条件はこちら↓
GPF男子の出場選手GPF女子の出場選手

ポイントランキング
男子・女子

フィギュアスケートのグランプリシリーズ2017 女子のポイントランキング・結果の一覧

ISU Grand Prix of Figure Skating 2017/2018

ファイナル出場権獲得ラインは6位です。7位から9位の選手が補員となります。

順位に応じて加算される点数は以下の通り。15と書いてある選手の結果は優勝だったということです。

1位=15ポイント
2位=13ポイント
3位=11ポイント
4位=9ポイント
5位=7ポイント
6位=5ポイント
7位=4ポイント
8位=3ポイント
9位以下=0ポイント

第5戦のフランス大会が終わりロシアのメドベデワ選手ザキトワ選手、ソツコワ選手、カナダのオズモンド選手、とイタリアのコストナー選手がファイナル出場権を獲得。

樋口新葉選手はスケートアメリカを残しボーダーの6番手、スケアメの結果によってはファイナル出場の可能性があります。

↓グランプリファイナル2017 女子の出場条件についてはこちら↓
グランプリファイナル2017 女子の出場選手とポイント・出場条件

X=アサイン・エントリー
RUS:ロシア大会 ロステレコム杯
CAN:カナダ大会 スケートカナダ
CHN:中国大会 カップオブチャイナ
JPN:日本大会 NHK杯
FRA:フランス大会 フランス杯
USA:アメリカ大会 スケートアメリカ

順位 選手 ポイント RUS CAN CHN JPN FRA USA
1 エフゲニア・メドベージェワ ロシア 30 15 15
2 アリーナ・ザギトワ ロシア 30 15 15
3 ケイトリン・オズモンド カナダ 26 15 11
4 カロリーナ・コストナー イタリア 26 13 13
5 マリア・ソツコワ ロシア 26 13 13
6 樋口新葉 日本 24 11 13
7 エレーナ・ラジオノワ ロシア 20 9 11
8 三原舞依 日本 18 9 9
9 本田真凜 日本 14 7 7
10 ポリーナ・ツルスカヤ ロシア 11 11 X
11 アシュリー・ワグナー アメリカ 11 11 X
12 エリザヴェート・トゥルシンバエワ カザフスタン 10 3 7
13 長洲未来 アメリカ 9 0 9
14 コートニー・ヒックス アメリカ 9 9
15 本郷理華 日本 9 5 4
16 白岩優奈 日本 8 3 5
17 坂本花織 日本 7 7 X
18 宮原知子 日本 7 7 X
19 マライア・ベル アメリカ 5 5 0
20 ガブリエル・デールマン カナダ 5 5 X
21 アリョーナ・レオノワ ロシア 5 5 X
22 エリザヴェータ・タクタミシェワ ロシア 4 4 0
23 ニコル・ショット ドイツ 4 0 4
24 ワレリヤ・ミハイロワ ロシア 4 4
25 カレン・チェン アメリカ 4 4 X
26 マエ=ベレニス・メイテ フランス 3 0 3
27 ローリン・レカヴェリエ フランス 3 3 0
28 李香凝 中国 3 3 X
29 チェ・ダビン 韓国 0 0
30 アンナ・ポゴリラヤ ロシア 0 0 X
31 ニコル・ラジコワ スロバキア 0 0 X
32 ポリーナ・エドモンズ アメリカ 0 0
33 アンバー・グレン アメリカ 0 0
34 カイラニ・クレイン オーストラリア 0 0
35 アレーヌ・シャルトラン カナダ 0 0 0
36 趙子セン 中国 0 0
37 Anastasya GALUSTYAN アルメニア 0 0
38 朴小宴 韓国 0 0
39 ラーキン・オーストマン カナダ 0 0
ブラディー・テネル アメリカ X