フィギュアスケートのISUグランプリファイナル2016、男子シングルの出場選手とグランプリシリーズの結果・ポイントをまとめてお届けします。

↓グランプリファイナル出場選手6人が決まりました↓

10月から始まるグランプリシリーズ2016では各選手が6戦のうち最大2試合にエントリーし、順位をポイント化してファイナルを目指します。

グランプリファイナルの出場選手の人数はわずか6人。

世界一決定戦の中でも出場条件が厳しい大会です。

後半戦に入ったらファイナル出場権争い、終盤には出場条件をまとめます。

シニア男子 シニア女子 ジュニア男子 ジュニア女子

フィギュアスケート・グランプリファイナル2016 男子の出場選手とポイント

ISU Grand Prix of Figure Skating 2016/2017

グランプリファイナル2016 男子の出場選手
ハビエル・フェルナンデス(スペイン)
 現・世界王者のハビエル・フェルナンデス選手がロステレコム杯・フランス杯の2試合で優勝しファイナル出場権を獲得
パトリック・チャン(カナダ)
 スケートカナダと中国杯の優勝でファイナル出場が確定
羽生結弦(日本)
 スケートカナダの2位とNHK杯の優勝でファイナル出場が確定
宇野昌磨(日本)
 日本代表の宇野昌磨選手がロステレコム杯で2位に入りスケートアメリカの優勝と合わせて28ポイントでファイナル出場が確定
ネイサン・チェン(アメリカ)
 フランス杯4位とNHK杯2位
アダム・リッポン(アメリカ)
 スケートアメリカ3位とフランス杯3位

昨シーズンのファイナル出場の条件はポイント22Pがボーダーライン、3位-3位や優勝-5位などが該当します。

下記の表は中国杯の結果を未反映。スケートアメリカ・スケートカナダ・ロステレコム杯・フランス杯・中国杯の結果を反映したGPSポイントランキング上位6人とNHK杯の結果次第でファイナルの可能性のある選手です。

全員のポイントランキングはこちら↓
フィギュアスケートのグランプリシリーズ2016 男子のポイントランキング・結果の一覧

Pがポイント、Xはアサイン、エントリーを表します。

2試合 選手 P USA CAN RUS FRA CHN JPN
ハビエル・フェルナンデス スペイン 30 15 15
パトリック・チャン カナダ 30 15 15
宇野昌磨 日本 28 15 13
アダム・リッポン アメリカ 22 11 11
ボーヤン・ジン 中国 20 7 13
セルゲイ・ボロノフ ロシア 20 9 11

NHK杯の結果次第でファイナル出場の可能性のある選手

2試合 選手 P USA CAN RUS FRA CHN JPN
ジェイソン・ブラウン アメリカ 13 13 X
羽生結弦 日本 13 13 X
オレクシイ・ビチェンコ イスラエル 11 11 X
ネイサン・チェン アメリカ 9 9 X
ミハイル・コリヤダ ロシア 9 9 X

USA:アメリカ大会 スケートアメリカ
CAN:カナダ大会 スケートカナダ
RUS:ロシア大会 ロステレコム杯
FRA:フランス大会 フランス杯
CHN:中国大会 アウディ杯
JPN:日本大会 NHK杯

ファイナル出場を決めた3選手を除く残りの出場枠は3枠。

2試合終了
22P:アダム・リッポン(3-3)
20P:ボーヤン・ジン(2-5)
20P:セルゲイ・ボロノフ(3-4)
※()内は2試合の順位

残り1試合
13P:羽生結弦 ジェイソン・ブラウン
11P:オレクシイ・ビチェンコ
9P:ネイサン・チェン ミハイル・コリヤダ

この8選手で3枠を争います。

13ポイントの羽生選手とブラウン選手は3位以上でファイナル確定、11Pのビチェンコ選手は2位以上、9Pのネイサン・チェン選手、コリヤダ選手は優勝でファイナルが決まります。

羽生選手とジェイソン・ブラウン選手のどちらかが4位でどちらかが3位、さらにネイサン・チェン選手、コリヤダ選手が1-2という状況になると獲得したポイント次第になるので羽生選手がファイナルに進むにはまずは表彰台を目指したいところ。