フィギュアスケートのスケートカナダ2017、ISUグランプリシリーズカナダ大会の本田真凜選手の滑走順と演技開始時間(予定)と結果・順位・得点を速報でお届けしていきます。

今年はスケカナと中国杯と連続でエントリーしている本田真凜選手。

スケートカナダは昨年の世界選手権のメダリスト・入賞選手が多くそろい激戦区でのシニアGPSデビューとなりました。

本田真凜のGPSスケートカナダ2017の結果 滑走順と順位と得点

ISU Grand Prix of Figure Skating Skate Canada International 2017/2018
開催国:カナダ
開催地:サスカチュワン州レジャイナ
日程:2017年10月27日(金)~2017年10月29日(日)

ロステレコム杯2017の日程と時間 フィギュアスケートのグランプリシリーズ・ロシア大会

本田真凜のGPSスケートカナダ2017 ショートプログラムの滑走順と結果

日程:
現地時間2017/10/27 12:57
日本時間2017/10/28 03:57

滑走順:6番滑走
予定される演技開始時間:4:37:00ごろ

滑走順は世界ランキングで決まるため、出場選手中7番手の本田真凜選手は前半グループの最後、6番滑走です。

グランプリシリーズ・カナダ大会2017 スケートカナダの女子ショートの滑走順

SPのスコア:52.6点
(技術点:24.77点 演技構成点:28.83点 減点:1.00点)
順位:10位

ジャンプの構成
予定:3Lz+3T / 3F 2A
実際:3Lz+3T / 3F 1A

スケートカナダ2017 GPSカナダ大会の女子ショートの結果

3Lz+3Tの3Tは転倒。最後の2Aが1Aになり技術点を伸ばせず。

シングルアクセルはSPのルールの「ダブル以上のアクセルジャンプを1つ入れる」を満たさず0点になるため大きなミスに。

演技構成点は28.83点と前半グループのトップの評価でミスさえなければスコアは伸びそうなだけに残念。

プロトコルを確認したところ転倒した3Tは回転不足(<)の評価。ステップ・スピンでレベルの取りこぼしもあり苦いシニアGPSデビュー戦に。 3回転ループは+1.10点の加点が付いており高評価。

本田真凜のGPSスケートカナダ2017 フリースケーティングの滑走順と結果

日程:
現地時間2017/10/28 11:04
日本時間2017/10/29 02:04

滑走順:1番滑走
予定される演技開始時間:2:11:30ごろ

本田真凜選手はFSでは1番滑走になりました。

グランプリシリーズ・カナダ大会2017 スケートカナダの女子フリーの滑走順

こちらにはフリー単独のスコアと技術点・演技構成点、演技・ジャンプの構成を掲載します。

結果は先に実況ページにアップしてこちらに真凜生選手の演技の詳細をまとめて掲載予定です。

スケートカナダ2017 GPSカナダ大会の女子フリーの結果

FSのスコア:125.64点
(技術点:64.73点 演技構成点:60.91点 減点:0.00点)
順位:3位

ジャンプの構成
予定:3Lz 3F+3T/ 2A+3T 3Lz+2T+2Lo 3S 3Lo 2A
実際:3Lz 3F+3T/ 2A+3T 3F 3S+2T+2Lo 3Lo 2A

予定から構成を変更しSPで転倒した3Lzからのコンビネーションジャンプを回避。

見た目はノーミス。

技術点は速報値で70.31点と高いスコアでしたが64.73点まで減点。ここはプロトコルを確認しますが回転不足やエッジのエラーがあったのかステップ・スピンでレベルを取りこぼしたのかミスがあったと思われます。

→プロトコルを確認したところ、演技後半の2A+3T<と3F<、ステップがレベル3でした。

本田真凜のGPSスケートカナダ2017 グランプリシリーズロシア大会の総合結果

こちらにはSP・FSの合計の総合の結果を掲載します。

総合得点:178.24
順位:5位

FSで挽回し結果は5位。

次戦は来週の中国杯なので修正して表彰台を目指してほしいですね。