フィギュアスケートのスケートカナダ2017、ISUグランプリシリーズカナダ大会の宇野昌磨選手の滑走順と演技開始時間(予定)と結果・順位・得点を速報でお届けしていきます。

今年はスケカナとフランス杯にエントリーしている宇野昌磨選手。

時差対策のため1週間ほど前には現地入りし調整しています。

宇野昌磨のGPSスケートカナダ2017の結果 滑走順と順位と得点

ISU Grand Prix of Figure Skating Skate Canada International 2017/2018
開催国:カナダ
開催地:サスカチュワン州レジャイナ
日程:2017年10月27日(金)~2017年10月29日(日)

↓日本時間の日程とタイムスケジュール・滑走順はこちらから↓
スケートカナダ2017の日程と時間 フィギュアスケートのグランプリシリーズ・カナダ大会

宇野昌磨のGPSスケートカナダ2017 ショートプログラムの滑走順と結果

日程:
現地時間2017/10/27 17:57
日本時間2017/10/28 08:57

滑走順:12番滑走
予定される演技開始時間:21:26ごろ

滑走順は世界ランキングで決まるため、出場選手中1位の宇野昌磨選手は最終滑走です。

グランプリシリーズ・カナダ大会2017 スケートカナダの男子ショートの滑走順

結果は先に実況ページにアップしてこちらには宇野選手の演技の詳細をまとめて掲載予定です。

スケートカナダ2017 GPSカナダ大会の女子ショートの結果

SPのスコア:103.62点
(技術点:57.12点 演技構成点:46.5点 減点:0.00点)
順位:1位

ジャンプの構成
予定:4F / 4T+3T 3A
実際:4F / 4T+2T 3A

冒頭の4回転フリップをきれいに着氷。後半の4T+3Tは2Tになったもののそれ以外はミスなく滑り切り技術点は57.12点。

技術点・演技構成点ともに出場選手中トップでSPを1位で終えました。

プロトコルを確認したところ4FはGOE+2.29と高い加点がついていますがステップがレベル3と取りこぼしがあり伸びしろはまだまだ。

103.62点は今シーズン2試合終わっているGPSでトップスコアです。

宇野昌磨のGPSスケートカナダ2017 フリースケーティングの滑走順と結果

日程:
現地時間2017/10/28 16:50
日本時間2017/10/29 07:50

滑走順:10番滑走
予定される演技開始時間:9:20:00

宇野昌磨選手は10番滑走に決まり、スケジュール通りなら9時20分ごろに演技を開始します。

グランプリシリーズ・カナダ大会2017 スケートカナダの男子フリーの滑走順

こちらにはフリー単独のスコアと技術点・演技構成点、演技・ジャンプの構成を掲載します。

結果は先に実況ページにアップしてこちらには宇野選手の演技の詳細をまとめて掲載予定です。

スケートカナダ2017 GPSカナダ大会の男子フリーの結果

FSのスコア:宇野昌磨:197.48点
(技術点:106.32点 演技構成点:91.16点 減点:0.00点)
順位:1位

ジャンプの構成
予定:4Lo 3Lo 3A / 4F 4T+2T 4T 3A+1Lo+3F 3S+3T
実際:4Lo 3Lo 3A / 4F 4T 4T+2T 3A+1Lo+3F 3S+3T

後半最初のコンビネーションジャンプの予定だった4Tが単独に。プロトコルを見ると回転も足りていなかったようです。

次の単独の予定だった4Tに予定通りの2Tを付けリカバリ。後半にコンビネーションジャンプをまとめた攻めた構成を滑り切り、コンボ抜けが多かった昨シーズンからの成長をみせました。

ステップはショート同様レベル3。オリンピックシーズンということで要素の評価が厳しくジャッジされているようです。

次戦のフランス杯まで3週間あるので修正してくるのではないでしょうか。

宇野昌磨のGPSスケートカナダ2017 グランプリシリーズロシア大会の総合結果

こちらにはSP・FSの合計の総合の結果を掲載します。

総合得点:301.10
順位:優勝

次戦は第5戦のフランス杯です。