フィギュアスケートのISUグランプリシリーズ・カナダ大会、スケートカナダ2017の女子フリーの結果・順位・得点を速報&実況でお届けします。

GPSカナダ大会の男子フィギュアには日本代表から宇野昌磨選手・無良崇人選手がエントリー。宇野昌磨選手がSP1位でフリーを迎えます。

注目の男子シングル・フリースケーティングは日本時間10/29朝7時50分スタートです。

グランプリシリーズ・カナダ大会2017 スケートカナダの男子フリーの結果

ISU Grand Prix of Figure Skating Skate Canada International 2017/2018
開催国:カナダ
開催地:サスカチュワン州レジャイナ
日程:2017年10月27日(金)~2017年10月29日(日)

男子フリースケーティング
現地時間2017/10/28 16:50~
日本時間2017/10/29 07:50~

スケートカナダ2017の男子の予定構成

結果・リザルト

宇野昌磨選手は着氷が乱れるジャンプはありましたが単独になった4T-2Tを次のジャンプでしっかりコンボをつけてリカバリするなど冷静に対応し順番こそ変わったものの予定構成通りの演技で大差をつけ優勝。
プロトコルを見ると単独になった4Tは回転不足のジャッジ。ステップはレベル3

ジェイソン・ブラウン選手は4回転ジャンプなしの予定構成から4Tを入れた構成に挑戦も4Tは転倒。その後3Loがシングルになるミスはありましたが演技構成点を伸ばし2位。

3位は4回転ルッツを着氷したロシアのアレクサンドル・サマリン選手。4回転ルッツはGOE+2.00

パトリック・チャン選手はコンボ2抜け。冒頭の4回転トーループで転倒し3Aが2A、3Loが2Loになるなどミスが続きました。

無良崇人選手はジャンプがことごとく決まらずコンボなし。回転不足・両足着氷・ステップアウト・エッジエラー等転倒こそなかったものの体調や故障が心配になる内容。

上位選手と日本代表の選手は技術点・演技構成点・ジャンプの構成を結果の下に掲載しています。全選手はTwitterに。@figureskate_55

順位 選手 得点 SP FS
1 宇野昌磨 日本 301.10 1 1
2 ジェイソン・ブラウン アメリカ 261.14 3 2
3 アレクサンドル・サマリン ロシア 250.06 4 3
4 パトリック・チャン カナダ 245.70 2 7
5 ヨリック・ヘンドリックス ベルギー 237.31 6 5
6 ミハル・ブジェジナ チェコ 237.04 7 4
7 ニコラス・ナデュー カナダ 229.43 9 6
8 キーガン・メッシング カナダ 217.75 5 10
9 チャ・ジュンファン 韓国 210.32 11 8
10 パウル・フェンツ ドイツ 201.60 10 11
11 ブレンダン・ケリー オーストラリア 201.56 12 9
12 無良崇人 日本 186.66 8 12

日本代表&上位選手のFS単独のスコアと技術点・演技構成点・ジャンプの構成
宇野昌磨:197.48点
(技術点:106.32点 演技構成点:91.16点 減点:0.00点)
予定:4Lo 3Lo 3A / 4F 4T+2T 4T 3A+1Lo+3F 3S+3T
実際:4Lo 3Lo 3A / 4F 4T 4T+2T 3A+1Lo+3F 3S+3T

ジェイソン・ブラウン:170.43点
(技術点:80.77点 演技構成点:90.66点 減点:1.00点)
予定:3F 3A 3F / 3A+2T 3Lz+1Lo+3S 3Lo 3Lz+2T 2A
実際:4T 3A 3F / 3A+3T 3Lz+1Lo+3S 1Lo 3F+2T 2A

アレクサンドル・サマリン:166.04点
(技術点:87.68点 演技構成点:78.36点 減点:0.00点)
予定:4Lz 4T 3A / 3Lz+1Lo+3F 3A+2T 3Lz+3T 3Lo 3S
実際:4Lz 4T 3A / 3Lz+3T 3A+2T 3Lz 3Lo 2A

パトリック・チャン:151.27点
(技術点:61.41点 演技構成点:90.86点 減点:1.00点)
予定構成:4T+3T 4S 3A+1Lo+3S / 4T 3A 3Lo+2T 3Lz 3F
実際:4T 3Lz 2A-1Lo-2S / 3T 2A 2Lo 3Lz 3F

無良崇人:111.84点
(技術点:40.14点 演技構成点:71.7点 減点:0.00点)
予定:3A 4T 3Lo / 4T+2T 3A+3T 3S 3F 3Lz+1Lo+3S
実際:3A 2T 2Lo / 3Lz 3A 3Lz 2F 3Lz