フィギュアスケートのISUグランプリシリーズ・カナダ大会、スケートカナダ2017の男子ショートの結果・順位・得点を速報&実況でお届けします。

今年のGPSカナダ大会の男子フィギュアには日本代表の宇野昌磨選手・無良崇人選手がエントリー。

注目の男子シングル・ショートプログラムは10/28の朝に行われます。

グランプリシリーズ・カナダ大会2017 スケートカナダの男子ショートの結果

ISU Grand Prix of Figure Skating Skate Canada International 2017/2018
開催国:カナダ
開催地:サスカチュワン州レジャイナ
日程:2017年10月27日(金)~2017年10月29日(日)

男子ショートプログラム
現地時間2017/10/27 17:57~
日本時間2017/10/28 08:57~

スケートカナダ2017の男子の予定構成 グランプリシリーズ・カナダ大会

結果・リザルト

宇野昌磨選手は後半の4T+3Tが4T+2Tになりましたがそれ以外はノーミス。57.12点と高い技術点を獲得。演技構成点もトップ。4Fには2.29点の加点

パトリック・チャン選手はジャンプの着氷の乱れはありましたが美しいスケーティング。

ジェイソン・ブラウン選手は予定構成にあった4Tは回避。3Aでターンが入ったものの次の3Lzはタノ。完成度の高い演技。

無良選手はジャンプが安定せず4Tは恐らく両足着氷&回転不足。最後の3Lzからのコンビネーションジャンプでも着氷が乱れ技術点を伸ばせず。

上位選手と日本代表の選手は技術点・演技構成点・ジャンプの構成を結果の下に掲載していきます。全選手はTwitterに。@figureskate_55

フリーの滑走順はこちら↓
グランプリシリーズ・カナダ大会2017 スケートカナダの男子フリーの滑走順

SP順位 選手 得点
1 宇野昌磨 日本 103.62
2 パトリック・チャン カナダ 94.43
3 ジェイソン・ブラウン アメリカ 90.71
4 アレクサンドル・サマリン ロシア 84.02
5 キーガン・メッシング カナダ 82.17
6 ヨリック・ヘンドリックス ベルギー 82.08
7 ミハル・ブジェジナ チェコ 80.34
8 無良崇人 日本 74.82
9 ニコラス・ナデュー カナダ 74.23
10 パウル・フェンツ ドイツ 68.48
11 チャ・ジュンファン 韓国 68.46
12 ブレンダン・ケリー オーストラリア 63.19

日本代表&上位選手のSP単独のスコアと技術点・演技構成点・ジャンプの構成
宇野昌磨:103.62点
(技術点:57.12点 演技構成点:46.5点 減点:0.00点)
4F / 4T+2T 3A

パトリック・チャン:94.43点
(技術点:48.01点 演技構成点:46.42点 減点:0.00点)
4T+3T 3Lz 3A

ジェイソン・ブラウン:90.71点
(技術点:45.64点 演技構成点:45.07点 減点:0.00点)
3A 3Lz / 3F-3T 

無良崇人:74.82点
(技術点:38.35点 演技構成点:36.47点 減点:0.00点)
4T 3A /3Lz+3T