「スケートカナダ【カナダ大会】/GPS」タグの記事一覧

フィギュアスケートのグランプリシリーズ2016 男子のポイントランキング・結果の一覧

ISUグランプリシリーズ2016

フィギュアスケートの世界一決定戦の一つ、ISUグランプリシリーズの決勝、グランプリファイナル出場選手を決めるポイントランキングの男子シングル編です。 グランプリシリーズは6試合が行われ各試合に12人が出場、一人2試合まで出場でき順位に応じたポイントが与えられそのランキング上位6選手がファイナルに出場します。 出場枠が少ないため出場権争いがシリーズ終盤の注目のポイントになります。

フィギュアスケートのグランプリシリーズ2016 女子のポイントランキング・結果の一覧

ISUグランプリシリーズ2016

フィギュアスケートの世界一決定戦の一つ、ISUグランプリシリーズの決勝、グランプリファイナル出場選手を決めるポイントランキングの女子シングル編です。 グランプリシリーズは6試合が行われ各試合に12人が出場、一人2試合まで出場でき順位に応じたポイントが与えられそのランキング上位6選手がファイナルに出場します。 出場枠が少ないため出場権争いがシリーズ終盤の注目のポイントになります。

フィギュアスケート・グランプリファイナル2016 男子の出場選手とポイント・出場条件

ISUグランプリシリーズ2016

フィギュアスケートのISUグランプリファイナル2016、男子シングルの出場選手とグランプリシリーズの結果・ポイントをまとめてお届けします。 10月から始まるグランプリシリーズ2016では各選手が6戦のうち最大2試合にエントリーし、順位をポイント化してファイナルを目指します。

フィギュアスケート・グランプリファイナル2016 女子の出場選手とポイント・出場条件

ISUグランプリシリーズ2016

フィギュアスケートのISUグランプリファイナル2016、女子シングルの出場選手とグランプリシリーズの結果・ポイントをお届けします。 女子の全試合の結果のポイントランキングとファイナル出場選手、残りの試合の選手の出場条件をまとめました。 10月から始まるグランプリシリーズ2016では各選手が6戦のうち最大2試合にエントリーし、順位をポイント化してファイナルを目指します。

宮原知子のステップが0点だった理由 GPSスケートカナダ2016女子フリー

ISUグランプリシリーズ2016 フィギュアスケートのルール・決まり

フィギュアスケートのグランプリシリーズ第2戦カナダ大会・スケートカナダ2016の女子フリーで宮原知子選手のステップが認定されず0点になりました。 ステップシークエンスはレベルで基礎点が認定されるのですが最大4のレベル認定のなかで「無価値(ノーバリュー)」という評価をされました。

グランプリシリーズ・カナダ大会2016 スケートカナダの男子フリーの結果

ISUグランプリシリーズ2016

フィギュアスケートのISUグランプリシリーズ・カナダ大会、スケートカナダ2016の男子フリーの結果と順位・得点を速報&実況でお届けします。 GPS2試合目のカナダ・ミシサガ大会には日本代表の羽生結弦(SP4位)無良崇人(SP2位)がエントリー。 地元カナダ代表のパトリック・チャンがSP1位、3位は同じくカナダのケヴィン・レイノルズ。 グランプリファイナル出場もかかるフリーは日本時間の10/30に行われます。

グランプリシリーズ・カナダ大会2016 スケートカナダの女子フリーの結果

ISUグランプリシリーズ2016

フィギュアスケートのISUグランプリシリーズ・カナダ大会、スケートカナダ2016の女子フリーの結果と順位・得点を速報&実況でお届けします。 GPS2試合目のカナダ・ミシサガ大会には日本代表の宮原知子(SP5位)本郷理華(SP4位)永井優香(SP11位)がエントリー。 ライバルはロシア代表のエフゲニア・メドベデワ(SP1位)とエリザベータ・トゥクタミシェワ(SP3位)、地元カナダのケイトリン・オズモンド(SP2位)

スケートカナダ2016 グランプリシリーズ・カナダ大会の男子フリーの滑走順と時間

ISUグランプリシリーズ2016

スケートカナダ2016、グランプリシリーズの第2戦・カナダ大会の男子フリーの滑走順と時間(日本時間での演技の時間)です。 ミシサガで開催されるスケートカナダの男子フィギュアには日本代表から羽生結弦、無良崇人の二人がエントリー。羽生選手はSP4位、無良選手はSP2位でフリーに臨みます。 GPSの二試合目、カナダ大会の男子FSは日本時間の2016/10/30、午前8時ごろから試合が行われます。

ページの先頭へ