韓国で開催される次の冬季オリンピック「平昌オリンピック2018」のフィギュアスケートのロシアの男子シングルの代表選手の候補・選考の対象になりそうな選手の紹介とデータです。

平昌五輪の代表選考の予想に活用してください。

ロシアの男子のフィギュアスケートの出場枠は最大3枠のところ2枠で2人しか派遣できません。

選考基準は見つけられませんでしたが、ロシアの代表選考はユーロ選手権後までもつれることも多く、テストスケートが実施される場合もあります。

データは日本代表選考にもある世界ランキング・シーズンランキング・シーズンベストと自己ベストスコア、GPS2017と世界選手権2017の結果を抽出しています。

※ロシアはWADAから資格停止処分を受けておりオリンピックへ出場できるかは12月にIOCが判断することになっています。
平昌オリンピック2018 フィギュアのメドベデワらロシア代表は出場できるのか【ドーピング問題】

平昌オリンピック2018 他国の代表予想
男子 アメリカ・ロシア・カナダ
女子 ロシア・アメリカ・カナダ

韓国・平昌オリンピック2018 男子のロシア代表の候補の選手

ロシア代表の候補になりそうな選手をデータを参考に抜粋してみましたがロシア選手権の結果によっては別の選手が代表に選出される可能性もあります。

※2017/11/11現在

ロシア PB SB WS WR GPS2017 世選2017
ミハイル・コリヤダ 279.41 279.38 4位 1位 3位/1位 8
アレクサンドル・サマリン 250.06 250.06 11位 22位 3位
マキシム・コフトゥン 266.80 15位 11
ドミトリー・アリエフ 247.31 239.61 17位 35位 6位/8位
アレクサンドル・ペトロフ 243.47 208.65 18位 95位 11位
セルゲイ・ボロノフ 271.12 271.12 20位 2位 1位
モリス・クヴィテラシヴィリ 250.26 250.26 30位 20位 5位 13

PB=自己ベストスコア SB=シーズンベスト
WS=世界ランキング WR=2017-18シーズンランキング

ロシアは世界選手権2017で8位・11位・13位で代表枠は2枠の獲得となりました。

その中で最上位の8位だったミハイル・コリヤダ選手は今シーズンも自己ベストに迫るスコアを出しGPSでは優勝+3位と好調で代表候補の筆頭といえそうです。

11位だったマキシム・コフトゥン選手は背中の怪我の再発でグランプリシリーズに招待されていたものの出場せず今季のISU公認試合での実績はありません。

13位だったモリス・クヴィテラシヴィリ選手は今季PBを更新もセルゲイ・ボロノフ選手がNHK杯で優勝し271.12点までパーソナルベストを伸ばしているので厳しい状況です。

NHK杯で一気にスコアを伸ばしたセルゲイ・ボロノフ選手がコリヤダ選手に次ぐ2番手の自己ベストを持っているためこの2人の代表入りの可能性が高いと予想します。

シニアのロシアフィギュアスケート選手権は2017年12月、日本選手権と同じ週に行われます。