韓国で開催される平昌オリンピック2018の日本代表の選考基準になっている2017-2018シーズンベストランキング”女子シングル編”をお届けします。

次の冬季オリンピック・ピョンチャンオリンピックの日本人の女子の出場枠は「2枠」

日本代表の選考基準の1枠目は「全日本フィギュア優勝選手」が内定で、2枠目は「ワールドスタンディングス・シーズンワールドランキング・シーズンベストスコアランキングの3つのランキングの日本人上位3選手」から選ばれることになっています。

この2枠目の条件の1つであるシーズンベストスコア=2017-2018シーズンの自己ベスト得点のランキングから日本代表の選手だけを抜粋しました。

平昌オリンピック日本代表の選考基準
平昌オリンピック2018 フィギュアスケート日本代表の選考基準と出場条件

日本代表・女子の2017-2018シーズンベストスコアランキング
平昌五輪日本代表選考基準

※2017/11/11 NHK杯終了時点の最新版

2017-18シーズンのスコアでトップに立っているのは9月のロンバルディアトロフィーで217.63点を出した樋口新葉選手。

2番手の三原舞依選手の206.07点に10点以上の差をつけているうえにGPSでも212.52(中国杯2位)207.17(ロステレコム杯3位)と安定した成績を残しておりシーズンワールドランキングも期待できます。

三原舞依選手は11月の中国杯で206.07点、まだフランス杯を残しており更新の可能性があります。3番手は本田真凜選手で9月のCSで198.42点を記録。

4番手・5番手は松田悠良選手195.56点、坂本花織選手194.00点です。

宮原知子選手は今季初戦のNHK杯で191.80点と日本人6番手ですがまだスケートアメリカを残しています。

※ISU認定のスコアのみなので国内大会のスコアは含みません

日本人順位 Sbrank 名前 得点
1 3位 樋口新葉 217.63
2 8位 三原舞依 206.07
3 10位 本田真凜 198.42
4 18位 松田悠良 195.56
5 20位 坂本花織 194.00
6 22位 宮原知子 191.80
7 24位 本郷理華 189.98
8 28位 紀平梨花 185.81
9 32位 荒木菜那 183.00
10 37位 山下真瑚 181.04
11 42位 滝野莉子 174.16
12 44位 白岩優奈 172.25
13 46位 笠掛梨乃 170.90
14 47位 横井ゆは菜 169.59
15 50位 松岡あかり 168.05
16 60位 新田谷凜 161.20
17 73位 松原星 154.34
18 87位 岩野桃亜 147.99