韓国で開催される平昌オリンピック2018の日本代表の選考基準になっている2017-2018シーズンベストランキング”男子シングル編”をお届けします。

次の冬季オリンピック・ピョンチャンオリンピックの日本人の男子フィギュアの出場枠は最大の「3枠」

日本代表の選考基準の1枠目は「全日本フィギュア優勝選手」が内定で、2枠目は「全日本2位、3位の選手とグランプリファイナルの日本人上位2選手」から選考、3枠目は2枠目に該当しながら選考漏れした選手と「ワールドスタンディングス・シーズンワールドランキング・シーズンベストスコアランキングの3つのランキングの日本人上位3選手」から選ばれることになっています。

この3枠目の条件の1つであるシーズンベストスコア=2017-2018シーズンの自己ベスト得点のランキングから日本代表の選手だけを抜粋しました。

平昌オリンピック日本代表の選考基準
平昌オリンピック2018 フィギュアスケート日本代表の選考基準と出場条件

日本代表・男子の2017-2018シーズンベストスコアランキング
平昌五輪日本代表選考基準

※2017/11/11 NHK杯終了時点の最新版

2017-18シーズンのスコアで男子のトップに立っているのは宇野昌磨選手。CSのロンバルディアトロフィーで記録した319.84点が持ちスコアですがGPSの中国杯でも301.10点と日本人唯一の300点超えを2回記録しています。

2番手はGPSロステレコム杯の羽生結弦選手の290.77点。NHK杯は欠場となりましたがこのスコアは12月の全日本まで3番手以内に残ると思われます。

3番手はGPS中国杯の田中刑事選手で247.17点。4番手は231.93点で友野一希選手です。

GPSをあとスケートアメリカの1試合残している無良崇人選手は現時点でUSインターナショナルの205.38点ですが更新できる可能性はあります。

※ISU認定のスコアのみなので国内大会のスコアは含みません

日本人順位 SBranking 名前 スコア
1 1位 宇野昌磨 319.84
2 3位 羽生結弦 290.77
3 20位 田中刑事 247.17
4 30位 友野一希 231.93
5 55位 須本光希 207.54
6 57位 無良崇人 205.38
7 62位 村上大介 200.59
8 63位 佐藤洸彬 199.20
9 64位 壷井達也 198.44
10 65位 島田高志郎 196.72
11 87位 日野龍樹 184.33
12 89位 木科雄登 182.48
13 104位 三宅星南 172.69
14 144位 山隈太一朗 149.21