フィギュアスケートのISUグランプリシリーズ・ロシア大会、ロステレコム杯2017の女子ショートの結果・順位・得点を速報&実況でお届けします。

今年のGPSロシア大会には日本代表の樋口新葉選手・坂本花織選手がエントリー。さらに今の女子フィギュアの絶対女王ともいえる現・世界女王のメドベデワ選手が出場します。

注目の女子シングル・ショートプログラムは現地時間2017/10/20、日本時間の10/21未明に行われます。

↓グランプリシリーズロシア大会 女子FSの滑走順はこちら↓
ロステレコム杯2017 GPSロシア大会の女子フリーの滑走順と時間

グランプリシリーズ・ロシア大会2017 ロステレコム杯の女子ショートの結果

ISU Grand Prix of Figure Skating Rostelecom Cup 2017/2018
開催国:ロシア
開催地:モスクワ
日程:2017年10月20日(金)~2017年10月22日(日)

女子ショートプログラム
現地時間:2017/10/20 20:00~
日本時間:2017/10/20 26:00~

その他のカテゴリーの結果はこちら↓
グランプリシリーズ・ロシア大会2017 ロステレコム杯の結果

メドベデワ選手はパーフェクトな演技で自身の持つ世界歴代最高得点まで0.10点という高いスコア。

コストナー選手もノーミスで会心の演技。演技構成点で高い評価。

樋口新葉選手は思ったほどスコアが伸びませんでしたがTES速報値は40.08に対して実際の評価は36.26点台と下がったため減点要素をプロトコルで確認したいところ。
→3Lz+3Tの3Tが回転不足(<)と3Fがエッジエラー(!)でした。フリップのエラーは国別対抗戦でも取られています。 坂本花織選手はノーミスの演技。ジャンプはすべて後半。TES速報値は38.59。パーソナルベスト更新。 長洲未来選手がトリプルアクセルを着氷も回転不足(<)、その後のジャンプは転倒+回転も怪しく悔しい結果に。 上位選手と日本代表の選手は技術点・演技構成点・ジャンプの構成を結果の下に掲載します。 全選手の技術点・演技構成点はTwitterに。@figureskate_55

予定構成は滑走順ページに移しました。→ロステレコム杯2017 GPSロシア大会の女子ショートの滑走順と予定構成

SP順位 選手 得点
1 エフゲニア・メドベージェワ ロシア 80.75
2 カロリーナ・コストナー イタリア 74.62
3 樋口新葉 日本 69.60
4 坂本花織 日本 68.88
5 エレーナ・ラジオノワ ロシア 68.75
6 エリザヴェート・トゥルシンバエワ カザフスタン 63.92
7 マライア・ベル アメリカ 63.85
8 ワレリヤ・ミハイロワ ロシア 63.38
9 長洲未来 アメリカ 56.15
10 ニコル・ショット ドイツ 55.55
11 マエ=ベレニス・メイテ フランス 54.24
12 アナスタシア・ガルスチャン アルメニア 48.10

上位選手+日本代表選手の技術点・演技構成点・ジャンプ構成
エフゲニア・メドベージェワ:80.75点
(技術点:42.69点 演技構成点:38.06点 減点:0.00点)
3F+3T 3Lo 2A
自己ベストまで0.10点に迫る高スコアをGPS初戦でマーク。

カロリーナ・コストナー:74.62点
(技術点:37.93点 演技構成点:36.69点 減点:0.00点)
3T+3T 3Lo 後半 2A

樋口新葉:69.60点
(技術点:36.26点 演技構成点:33.34点 減点:0.00点)
2A 3Lz+3T 3F
技術点の速報値は40.08だったにもかかわらず36.26点まで下がった理由をプロトコルで確認したいところです。

坂本花織:68.88点 PB
(技術点:38.59点 演技構成点:30.29点 減点:0.00点)
後半 3F+3T 3Lo 2A
ジャンプはすべて後半。ノーミスの演技で自己ベストを更新。