チームチャレンジカップ2016、第1回フィギュアスケート大陸別団体戦の2日目フリーはチーム北米が優勝しました。

2016年に新設されたチームチャレンジカップはアジア・北米・ヨーロッパの3大陸対抗戦です。

初日に行われた男女ショートに続いて2日目はペア・アイスダンスを加えたフリーの団体戦が行われました。

前半のペア・アイスダンスでは全てのグループでチーム北米が1位を獲得。

2位のヨーロッパに8点、3位のチームアジアに16点の差をつけて男女シングルのフリーを迎えました。

まず3グループの演技が終わった男子フリーではアジアが32点と最も多くのポイントを獲得したものの北米も30点獲得し2位ヨーロッパとの差は10点。

女子フリーでの獲得ポイントランキングは再開だったものの首位をキープし第1回の優勝が決まりました。

チーム得点 ペア ダンス 男子 女子 合計
北米 24 24 30 28 106
欧州 20 20 28 32 100
アジア 16 16 32 30 94

チームアジアはシングルでは貢献したもののペア・アイスダンスで得点を伸ばせず3位です。

2日目の結果の一覧はこちら
>>フィギュアスケート大陸別団体戦チームチャレンジカップ2016 結果とポイント