2018年に韓国で開催される平昌オリンピック(ピョンチャン)のフィギュアスケート競技で日本代表は団体戦に出場できるのか、出場権はいつ決まるのかについてまとめてお届けします。

ソチ五輪で始まったフィギュアスケートの団体戦。

出場条件は男子・女子・ペア・アイスダンスの3カテゴリー以上で出場権を獲得した国のうち、2017年に行われるシニアとジュニアのチャンピオンシップとグランプリシリーズの獲得ポイントの上位10ヶ国と定められています。

平昌オリンピック2018 フィギュアスケートの団体戦の出場国の数・出場権の決め方

日本代表はこの出場条件を満たし団体戦の出場権を獲得することができるのでしょうか。

平昌オリンピック2018 フィギュアスケート日本代表の団体戦の出場権は?

第23回オリンピック冬季競技大会 XXIII Olympic Winter Games
Pyeongchang 2018 平昌オリンピック
開催国・開催地:大韓民国江原道平昌
会場:江陵アイスアリーナ

韓国・平昌オリンピック2018 フィギュアスケートの日程と時間

出場条件は大きく2つ


・2017年のチャンピオンシップ・グランプリシリーズの獲得ポイントランキング上位10ヶ国
・男子・女子・ペア・アイスダンスの3カテゴリー以上で出場権を獲得

この条件を満たせば3カテゴリーで出場可能、さらに個人の出場権を獲得していないカテゴリーの選手もミニマムスコアを満たしていれば4カテゴリーで団体戦に臨むことができます

1つめの条件は2017年のヨーロッパ選手権、四大陸選手権、世界ジュニア、世界フィギュア、翌シーズンのGPS2017とJGP2017、そしてファイナルの各国の選手が獲得したポイントです。

2016-17シーズンの世界フィギュアが終了した時点で日本代表はこのポイントランキングの5位につけています。

しかしこの世界フィギュアで獲得できた出場枠は男子シングルの3枠と女子シングルの2枠のみ。

男子・女子・ペア・アイスダンスの3カテゴリー以上で出場権を獲得という条件を満たすためには2017年9月のネーベルホルン杯で平昌五輪の残りの出場枠、ペア4枠・アイスダンス5枠から最低でもどちらかのカテゴリーの1枠を獲得する必要があります。

ミニマムスコアは2017-2018シーズンの初頭に発表される予定です。

個人戦のミニマムスコアとチーム戦の追加召集選手(個人の出場権なしの選手)のミニマムスコアは違う場合もあるそうです。