韓国で開催される次の冬季オリンピック平昌オリンピック2018のフィギュアスケート日本代表にはだれが選ばれるのでしょうか。

選考の条件はオリンピックごとに大きくは変わりません。

オリンピックまであと2年、まだ出場枠も決まっていませんが前回のオリンピックの選考条件からまとめてみました。

出場枠は2017年に開催される世界選手権と予選で決まります。

>>世界フィギュアスケート選手権2017 ヘルシンキワールドの日程

平昌オリンピック2018 フィギュアスケート日本代表の選考の条件

代表選考の条件は出場枠数によって変わりますが基本的にはこのような条件になります。

オリンピック代表選手選考方法
(男女シングル共に 3 枠、ペア、アイスダンスは予選結果により最大 1 枠)

男女シングル選考
全日本選手権終了時に、オリンピック参加有資格者の中から、以下の選考方法で決定し、
フィギュア委員会へ推薦する。
① 1 人目は全日本選手権優勝者を選考する。
② 2 人目は、全日本 2 位、3 位の選手とグランプリ・ファイナルの日本人表彰台最上位者の
中から選考を行う。
③ 3 人目は、②の選考から漏れた選手と、全日本選手権終了時点でのワールド・ランキング
日本人上位 3 名、ISU シーズンベストスコアの日本人上位 3 名選手の中から選考を行う。

ペア、アイスダンス選考
全日本優勝者と全日本選手権終了時点でのワールド・ランキング日本人最上位組、全日本
選手権終了時点での ISU シーズンベストスコアの日本人最上位組の中から選考を行う。

※オリンピック参加有資格者とは
・オリンピックに参加できる年齢を満たしているもの
・全日本選手権時までに ISU が定める当該年度のオリンピック出場のためのミニマムポイントを獲得しているもの。
・最終選考会である全日本選手権に参加しているもの

最低条件としてはミニマムスコアを達成していることと年齢、そして全日本選手権への参加です。

男子・女子のシングルで確実に日本代表に選ばれるのは全日本選手権での優勝だけ。

残りの選手は選考なので誰が出場できるかは発表まで確実ではありません。

2017-2018のオリンピックシーズンになったら予想を掲載したいと思います。