韓国で開催される次の冬季オリンピック平昌オリンピック2018のフィギュアスケート日本代表にはだれが選ばれるのでしょうか。

選考基準とオリンピックの出場条件をまとめてお届けします。

オリンピックまであと1年を切りましたがまだアイスダンスとペアの出場枠は確定していません。

男子は3枠、女子は2枠の代表枠を獲得しています。

平昌オリンピック2018 フィギュアスケートの出場条件

オリンピックのフィギュアスケート選手の出場条件としては各国の「出場枠」と「ミニマムスコア」があります。

出場枠は2017年3月の世界フィギュアスケート選手権と9月の最終予選で確定し、日本代表は最終予選を前に男子3枠、女子2枠の出場枠を獲得しています。

アイスダンス・ペアの出場枠は9月の大会で争われどちらかの出場権を獲得すれば団体での出場も可能です。

「ミニマムスコア」は出場条件となる最低技術点のことで参加標準記録のようなものです。

五輪のミニマムスコアはまだ発表されていません。

さらに年齢、そして全日本選手権への出場も条件となっています。

平昌オリンピック2018 フィギュアスケート日本代表の選考基準

第23回オリンピック冬季競技大会 XXIII Olympic Winter Games
Pyeongchang 2018 平昌オリンピック
開催国・開催地:大韓民国・江原道平昌
会場:江陵アイスアリーナ

2017年6月23日、男子シングル・女子シングルの選考基準が発表されました。

男子シングルの選考基準・・・3枠
1人目:全日本フィギュアスケート選手権優勝選手
2人目:全日本2位、3位の選手とグランプリファイナルの日本人上位2選手から選考
3人目:2人目の選考に漏れた選手と世界ランク日本人上位3人、シーズンランク日本人上位3人、シーズンベストスコア日本人上位3人の中から選考

女子シングルの選考基準・・・2枠
1人目:全日本フィギュアスケート選手権優勝選手
2人目:全日本2位、3位の選手とグランプリファイナルの日本人上位2選手、世界ランク日本人上位3人、シーズンランク日本人上位3人、シーズンベストスコア日本人上位3人の中から選考

ペア・アイスダンスの代表選考の条件は出場枠を獲得した場合として選考基準が発表されています。

ペア・アイスダンスの選考基準・・・1枠Or0
以下のいずれかを満たす者から総合的に判断して選考
A)全日本選手権大会最上位組
B)全日本選手権大会終了時点での ISU ワールドスタンディング最上位組
C)全日本選手権大会終了時点での ISU シーズンワールドランキング最上位組
D)全日本選手権大会終了時点での ISU シーズンベストスコアの最上位組

出場のための最低条件としてはミニマムスコアを達成していることと年齢、そして全日本選手権への出場ですが救済条件として「過去に世界選手権大会3位以内に入賞した実績のある選手が、けが等のやむを得ない理由で全日本選手権大会へ参加できなかった場合」は日本代表に選出される可能性があるとされています。

男子・女子のシングルで確実に日本代表に選ばれるのは全日本選手権での優勝だけ。

残りの選手は選考なので誰が出場できるかは発表まで確実ではありません。

団体戦の選手は団体での出場権を獲得できた場合、シングルの出場選手から選ばれます。

2017-2018のオリンピックシーズンになったら予想を掲載したいと思います。