「四大陸選手権」タグの記事一覧

フィギュアスケートの四大陸選手権2018&欧州選手権2018 男子のスコア・技術点・演技構成点

ヨーロッパフィギュアスケート選手権2018 四大陸フィギュアスケート選手権2018

平昌オリンピックの前哨戦でもある四大陸フィギュアスケート選手権とヨーロッパフィギュアスケート選手権の男子シングルのスコアを参考までに並べてみました。別大会でジャッジもリンクも違うので単純には比較できませんしアメリカのネイサン・チェン選手やカナダのパトリック・チャン選手ら出場していない選手もいますが前哨戦なので参考までに。トップスコアはボーヤン・ジン選手です。

フィギュアスケートの四大陸選手権2018&欧州選手権2018の女子のスコア

ヨーロッパフィギュアスケート選手権2018 四大陸フィギュアスケート選手権2018

平昌オリンピックの前哨戦でもある四大陸フィギュアスケート選手権とヨーロッパフィギュアスケート選手権の女子シングルのスコアを参考までに並べてみました。別大会でジャッジもリンクも違うので単純には比較できませんしカナダのケイトリン・オズモンド選手、ガブリエル・デールマン選手ら出場していない選手もいますが前哨戦なので参考までに。トップスコアはアリーナ・ザギトワ選手。この238.24点が今シーズンの女子フィギュアのシーズンベストです。

フィギュアスケートの四大陸選手権2018 男子フリーの滑走順・時間と結果【速報&実況】

四大陸フィギュアスケート選手権2018

四大陸フィギュアスケート選手権2018、フィギュアスケートの四大陸選手権=4CCの男子フリーの滑走順と日本時間での全選手の演技開始時間、そして競技の結果(得点・順位・一部選手の技術点・演技構成点・ジャンプの構成)をまとめてお届けします。日本代表の宇野昌磨選手、田中刑事選手、三無良崇人選手がエントリーしている平昌オリンピック前の注目の大会の男子FS。今年の四大陸選手権の開催地は台湾の台北で時差は1時間となっています。

フィギュアスケートの四大陸選手権2018 アイスダンスの結果・順位【速報】

四大陸フィギュアスケート選手権2018

四大陸フィギュアスケート選手権2018、フィギュアスケートの四大陸選手権=4CCのアイスダンスの結果(得点・順位)です。日本代表の村元哉中/クリス・リード組、小松原美里/ティモシー・コレト組、深瀬理香子/立野在組がエントリーしています。今年の四大陸選手権の開催地は台湾の台北で時差は1時間です。

フィギュアスケートの四大陸選手権2018 女子フリーの滑走順・時間と結果【速報&実況】

四大陸フィギュアスケート選手権2018

四大陸フィギュアスケート選手権2018、フィギュアスケートの四大陸選手権=4CCの女子フリーの滑走順と日本時間での全選手の演技開始時間、そして競技の結果(得点・順位・一部選手の技術点・演技構成点・ジャンプの構成)をまとめてお届けします。日本代表の宮原知子選手、坂本花織選手、三原舞依選手が1位・2位・3位で迎える平昌オリンピック前の注目の大会の女子FS。今年の四大陸選手権の開催地は台湾の台北で時差は1時間となっています。

フィギュアスケートの四大陸選手権2018 男子ショートの滑走順・時間と結果【速報】

四大陸フィギュアスケート選手権2018

四大陸フィギュアスケート選手権2018、フィギュアスケートの四大陸選手権=4CCの男子ショートの滑走順と日本時間での全選手の演技開始時間、そして競技の結果(得点・順位・一部選手の技術点・演技構成点・ジャンプの構成)をまとめてお届けします。日本代表の宇野昌磨選手、田中刑事選手、三無良崇人選手がエントリーしている平昌オリンピック前の注目の大会の男子SP。今年の四大陸選手権の開催地は台湾の台北で時差は1時間となっています。

フィギュアスケートの四大陸選手権2018 女子ショートの滑走順・時間と結果【速報】

四大陸フィギュアスケート選手権2018

四大陸フィギュアスケート選手権2018、フィギュアスケートの四大陸選手権=4CCの女子ショートの滑走順と日本時間での全選手の演技開始時間、そして競技の結果(得点・順位・一部選手の技術点・演技構成点・ジャンプの構成)をまとめてお届けします。日本代表の宮原知子選手、坂本花織選手、三原舞依選手がエントリーしている平昌オリンピック前の注目の大会の女子SP。今年の四大陸選手権の開催地は台湾の台北で時差は1時間となっています。

四大陸フィギュアスケート選手権2018 女子の出場選手・エントリー

四大陸フィギュアスケート選手権2018

フィギュアスケートの四大陸選手権、四大陸フィギュアスケート選手権2018の女子シングルの出場選手・エントリーです。まだカナダのナショナルが終わっていませんが他の国は代表が決まっています。女子フィギュアでは現時点で日本の宮原知子選手がパーソナルベストでトップ。カナダのケイトリン・オズモンド選手が出場すれば日本の強力なライバルになります。

ページの先頭へ