フィギュアスケートのGPFことグランプリファイナル2016のシニアの女子フリーの結果と順位・得点の速報&実況です。

いよいよ2016-17シーズン前半戦の世界一を決めるGPファイナルの女子フリーが行われます。

今年のグランプリシリーズのファイナルの開催地はフランス・マルセイユです。

グランプリファイナル2016 マルセイユGPF女子フリーの結果

2016-2017シーズン ISUジュニアグランプリファイナル2016
ISU Junior Grand Prix of Figure Skating Final 2016/17
開催地:フランス・マルセイユ
日程:2016年12月10日(土)
※日本時間12月11日
女子シングル フリースケーティング 結果・リザルト

↓日程・タイムスケジュールとその他のクラスの出場選手や滑走順・結果はこちらから↓
グランプリファイナル・ジュニアグランプリファイナル2016 日程と時間

ジグランプリファイナル2016 女子フリーの結果・順位

メドベデワ選手は珍しく着氷が乱れるジャンプはあったものの最小限のミスにまとめて滑り切り優勝。FSでのPB・世界歴代最高得点の更新はなりませんでしたが崩れない強さはさすが。

宮原知子選手は3Fの回転が少し足りないかという以外はパーフェクトな演技でガッツポーズ!ミスパーフェクトがGPFでSP・FSとトータルスコアのPB更新。

アンナ・ポゴリラヤ選手はノーミス、パーフェクトな演技でFSとTTLの自己ベストを更新。

ラジオノワ選手はいつもは堪えて着氷してきたジャンプで転倒や回転不足などミスがあり悔しい表情。

FS単独の得点と簡単な演技の構成、技術点・演技構成点は一番下に掲載していきます。

順位 選手 得点 SP FS
1 エフゲーニャ・メドベージェワ ロシア 227.66 1 1
2 宮原知子 日本 218.33 3 2
3 アンナ・ポゴリラヤ ロシア 216.47 4 3
4 ケイトリン・オズモンド カナダ 212.45 2 4
5 マリア・ソツコワ ロシア 198.79 6 5
6 エレーナ・ラジオノワ ロシア 188.81 5 6

FSの得点と技術点・演技構成点・構成

全選手のFSの得点と技術点・演技構成点 簡単な構成を掲載します。プロトコルが発表されたら追記します。

エフゲーニャ・メドベージェワ:148.45点
(技術点:74.23点 演技構成点:74.22点 減点:0.00点)
3F 3Lz FCCoSp StSq / 3Lo 3F+3T 2A+2T+2T 3S+3T 2A ChSq CCoSp LSp
最初のフリップはお手付き、次のルッツはエッジが怪しいなど微妙な入りになりましたがしっかり立て直してミスは最小限。最初のフリップに3Tをつけられなかった分後半の3Fにコンボをつけてリカバリ。

宮原知子:143.69点 PB
(技術点:73.24点 演技構成点:70.45点 減点:0.00点)
3Lo 3Lz+3T 3F FCSp StSq 3Lz+2T+2Lo 2A+3T 3S ChSq 2A CCoSp
ミスパーフェクトがほぼパーフェクトな演技。フリップの回転不足以外は全ての要素に加点が付く出来栄え。

アンナ・ポゴリラヤ:143.18点 PB
(技術点:73.52点 演技構成点:69.66点 減点:0.00点)
3Lz+3T 3F 2A StSq 3Lz+1Lo+3S 3Lo+2T ChSq 3Lo 2A CCoSp LSp
PBを更新。フリップではエッジエラーを取られたものの他はクリーンな滑り。

ケイトリン・オズモンド:136.91点
(技術点:66.85点 演技構成点:70.06点 減点:0.00点)
3F+3T 2A+2T 3Lz LSp FCSp / 3Lo 3F 2S-1T-2Lo 2A StSq ChSq CCoSp
サルコーが抜けて2Sになるなどミスがあり技術点を伸ばせず。

マリア・ソツコワ:133.05点
(技術点:66.77点 演技構成点:66.28点 減点:0.00点)
3Lz+3T 3F FCSp StSq / 3Lo 3F+1Lo+3S 3Lz 2A+2T ChSq 2A CCoSp LSp
回転が微妙なジャンプはいくつかあったもののまとめ切った印象。

エレーナ・ラジオノワ:119.83点
(技術点:55.5点 演技構成点:65.33点 減点:1.00点)
3Lz 3F CCoSp StSq / 3Lz+3T 3Lo+1Lo+3S 2A 3S 2A FCCoSp LSp
最初のルッツは転倒。今季は身長が伸びた影響かジャンプに苦しんでいましたがそれでも着氷してきただけに悔しそう。回転も微妙。