世界フィギュアスケート選手権2017、ヘルシンキワールドの各国の代表の出場選手を決めるナショナルの日程をまとめました。

日本で全日本フィギュアスケート選手権で世界選手権の代表選考が行われるように他国でもナショナル=国内選手権で代表選考が行われます。

世界フィギュア2017の男女の出場枠2枠以上獲得している国の中から日本・ロシア・アメリカ・カナダのナショナルの日程をまとめてお届けします。

世界フィギュアスケート選手権2017 各国の出場選手を決めるナショナルの日程

世界フィギュア2017 日本代表を決める全日本フィギュアスケート選手権2016

第85回全日本フィギュアスケート選手権
日程:2016年12月22日~12月25日

開催場所:大阪府門真市
会場:東和薬品RACTAB(ラクタブ)ドーム(旧なみはやドーム)

全日本フィギュアスケート選手権2016の日程と会場 出場選手・滑走順・結果

男子の出場枠:3枠
女子の出場枠:3枠
ペアの出場枠:1枠
アイスダンスの出場枠:1枠

全日本選手権で世界選手権・四大陸選手権・世界ジュニアの日本代表が決まります。

世界フィギュア2017 ロシア代表を決めるロシアフィギュアスケート選手権2016

Russian Figure Skating Championships
日程:2016年12月20日~12月25日
開催地:チェリャビンスク

男子の出場枠:2枠
女子の出場枠:3枠
ペアの出場枠:3枠
アイスダンスの出場枠:2枠

ロシアの代表選考はナショナルだけでなくユーロやテストスケートなどの結果も踏まえて決まることもあります。

ロシアといえばいま女子フィギュア界でもっとも選手層が厚いといえる国。

世界女王のエフゲニア・メドベージェワ選手やボストンワールド3位のアンナ・ポゴリラヤ選手、上海ワールド優勝のエリザベータ・トゥクタミシェワ選手、3位のエレーナ・ラジオノワ選手、ソチオリンピック団体金メダリストのユリア・リプニツカヤ選手など注目選手が多いロシアのナショナルは全日本と同じ期間に開催されます。

世界フィギュア2017 アメリカ代表を決める全米フィギュアスケート選手権2017

2016 Prudential U.S. Figure Skating Championships
日程:2017年1月14日~1月22日
開催地:カンザスシティ

男子の出場枠:2枠
女子の出場枠:3枠
ペアの出場枠:2枠
アイスダンスの出場枠:3枠

全米選手権は年明けの1月に開催。

男子2枠、女子3枠の出場枠がありますがどちらのアメリカ代表争いも厳しい戦いになりそうです。

男子はジェイソン・ブラウン選手、アダム・リッポン選手が今季は4回転ジャンプを取り入れた構成で挑みどちらもGPSで表彰台を獲得。ネイサン・チェン選手も4種の4回転ジャンプで高い技術点を獲得しています。

女子は昨年銀メダルを獲得したアシュリー・ワグナー選手が今季も好調。グレイシー・ゴールド選手はジャンプが不調で苦しんでおり昨年怪我で欠場したポリーナ・エドモンズ選手、代わりに代表に選ばれた長洲未来選手、今季GPSでいい成績を残しているマライア・ベル選手やコートニー・ヒックス選手らによる争いになりそうです。

世界フィギュア2017 カナダ代表を決めるカナダフィギュアスケート選手権

2017 Canadian Tire National Skating Championships
日程:2017年1月16日~1月22日
開催地:オタワ

男子の出場枠:2枠
女子の出場枠:2枠
ペアの出場枠:3枠
アイスダンスの出場枠:3枠

カナダ選手権は全米と同じ週に開催。

今季は絶対王者ともいえるパトリック・チャン選手に加えてナム・グエン選手、ケヴィン・レイノルズ選手が好調。2枠の男子の争いは厳しいものになりそう。

女子も今季大きくPBを伸ばしたケイトリン・オズモンド選手をはじめ昨年優勝のアレーヌ・シャルトラン選手、2位のガブリエル・デールマン選手と有力選手がいるため2枠の代表にだれが入るのか注目です。