フィギュアスケートのISUグランプリシリーズ・フランス大会、フランス杯2016の女子フリーの結果と順位・得点を速報&実況でお届けします。

GPS4試合目のフランス・パリ大会、女子シングルには日本代表の浅田真央・樋口新葉・永井優香の3人がエントリー。

スケートカナダで優勝したロシアのメドベデワ選手はSP1位、優勝か2位でグランプリファイナル出場権が確定します。

グランプリシリーズ・フランス大会2016 フランス杯の女子フリーの結果

ISU Grand Prix of Figure Skating Trophée de France 2016/2017
開催国:フランス
開催地:パリ
日程:2016年11月11日(金)~2016年11月13日(日)
※現地時間
女子シングル フリースケーティング 結果・リザルト

↓日程やその他のクラスの結果・滑走順はこちら↓
グランプリシリーズ・フランス大会 フランス杯2016の日程と時間

フランス杯2016 女子フリーの結果と順位

メドベデワ選手は珍しく転倒するなどミスがありましたがさすがの滑りで優勝。ファイナル出場が確定。

2位はロシアのソツコワ選手。GPSデビューで200点台に。NHK杯が楽しみ。

新葉ちゃんはPB更新!パンクは避けたいといった板だけにルッツの抜けは悔しいが逆転で表彰台。次戦はNHK杯。

浅田真央選手はショートでは何とかまとめたジャンプがことごとく入らず。ぎりぎり100点台。ファイナル出場ならず。

永井優香選手は冒頭のルッツが抜けた以外はまとめきってフリーで順位を上げました。

日本代表の選手と注目選手のフリー単独の得点、簡単な演技の構成と技術点・演技構成点を一番下に掲載しています。

次戦は中国杯!
グランプリシリーズの中国大会2016 女子のエントリー 出場選手の1試合目の結果とPB・SB

順位 選手 得点 SP FS
1 エフゲーニャ・メドベージェワ ロシア 221.54 1 1
2 マリア・ソツコワ ロシア 200.35 3 2
3 樋口新葉 日本 194.48 5 3
4 ガブリエル・デールマン カナダ 192.10 2 6
5 朴小宴(パク・ソヨン) 韓国 185.19 6 4
6 ローリン・レカヴェリエ フランス 184.65 4 7
7 マエ=ベレニス・メイテ フランス 172.65 11 5
8 グレーシー・ゴールド アメリカ 165.89 10 8
9 浅田真央 日本 161.39 8 10
10 永井優香 日本 159.49 12 9
11 アナスタシア・ガルスチャン アルメニア 155.49 9 11
12 アリョーナ・レオノワ ロシア 141.36 7 12

FSの得点と技術点・演技構成点 簡単な構成と感想

日本代表・注目選手のFSの得点と技術点・演技構成点 簡単な構成と感想を掲載します。プロトコルが発表されたら追記します。

掲載しきれない選手はTwitterで。@figureskate_55

エフゲーニャ・メドベージェワ:143.02点
(技術点:72.06点 演技構成点:71.96点 減点:1.00点)

3F+3T 3Lz 3Lo 3F 2A+2T+2T 3S+3T 2A
2本目のルッツで珍しくエッジエラー(e)+転倒。ミスがありましたがしっかりまとめています。

マリア・ソツコワ:131.64点
(技術点:67.77点 演技構成点:63.87点 減点:0.00点)

3Lz+3T 3F 3Lo 3F+1Lo+3S 3Lz 2A+2T 2A
回転が微妙なジャンプが多く気になりましたが後半の3Lzが<というジャッジでシニアデビューのGPSで2位。 樋口新葉:129.46点 PB
(技術点:63.59点 演技構成点:65.87点 減点:0.00点)

3Lz+3T 3Lo 3S 2A 1Lz 3F+2T 2A+3T+2T
ルッツが抜けて2A+3T+2Tのセカンドジャンプが回転不足。それでもシードで予選免除の東京・東日本に出場して不調だったジャンプを取り戻してきた結果の自己ベスト更新。

永井優香:107.08点
(技術点:49.95点 演技構成点:57.13点 減点:0.00点)

1Lz 3Lo 2T 2A+3T 3S 2A 3S+2T
冒頭のルッツはシングルになったもののその後はしっかりまとめてショートから挽回。ショートで抜けたアクセルもしっかり。全日本が楽しみ。

浅田真央:100.1点
(技術点:39.64点 演技構成点:60.46点 減点:0.00点)

2A 2F 2Lz 2A+3T 2S 2F 3Lo
コンボ2つ抜け。3TはUR(<<)かも。最後のルッツもお手付きとジャンプがほぼ入らず100点台には乗せたものの40点以下の技術点。全日本までに調子が戻ることに期待。