フィギュアスケートのグランプリシリーズのカナダ大会2016、スケートカナダの男子のエントリーと出場選手の自己ベストとシーズンベストをまとめました。

一番下に優勝候補・注目選手も掲載したので観戦や予想の参考にご覧ください。

スケートカナダ2016の男子フィギュアには日本代表の羽生結弦選手や元世界チャンピオンのパトリック・チャン選手らがエントリーしています。

※シーズンベストは今季ISUの認定の試合の結果がある選手のみ掲載しています。

グランプリシリーズのカナダ大会2016 男子の出場選手の自己ベストとSB

ISU Grand Prix of Figure Skating Skate Canada International 2016/2017
開催国:カナダ
開催地:オンタリオ州ミシサガ
日程:2016年10月28日(金)~2016年10月30日(日)

男子シングルの出場選手と自己ベスト・シーズンベスト

SBは本格的にシーズンが始まったばかりのスコアなので参考までにご覧ください。

No. 選手 PB SB
1 パトリック・チャン カナダ 295.27 248.73
2 リアム・フィルス カナダ 210.09 210.09
3 ケヴィン・レイノルズ カナダ 250.55 227.80
4 ハン・ヤン 中国 271.55
5 ミハル・ブジェジナ チェコ 243.52
6 ダニエル・サモーヒン イスラエル 236.65 189.90
7 羽生結弦 日本 330.43 260.57
8 無良崇人 日本 268.43 252.20
9 アレクサンドル・ペトロフ ロシア 232.21 232.21
10 グラント・ホッホスタイン アメリカ 237.25 217.25
11 ロス・マイナー アメリカ 248.92 214.48
12 ミーシャ・ジー ウズベキスタン 238.05 230.55

スケートカナダ2016 男子フィギュアの優勝候補と注目選手

スケートカナダの優勝候補はやはり日本代表の羽生結弦選手。

現在の世界最高記録を持っているうえ今シーズンの初戦はミスもありながら260点台で優勝と演技の構成のレベルが高いので少しのミスでは他の選手を寄せ付けない強さがあります。

ライバルになりそうなのはやはり元世界王者のパトリック・チャン選手。昨シーズン休養から復帰し調子に波がありましたが4大陸選手権のフリーで史上3人目の200点越えをするなど演技がまとまれば確実に得点を伸ばしてくる選手。

出場選手のなかで今シーズンのスコアは2位の記録を持っている日本の無良崇人選手やオータムクラシック2位で波に乗るウズベキスタンのミーシャ・ジー選手も注目選手です。