フィギュアスケートのISUグランプリシリーズ・ロシア大会、ロステレコム杯2017の男子フリーの結果・順位・得点を速報&実況でお届けします。

今年のGPSロシア大会には日本代表の羽生結弦選手がエントリー、SPではジャンプやスピンでミスがあり2位発進。SP1位はネイサン・チェン選手です。

注目の男子シングル・フリースケーティングは10/21の夜に行われます。

グランプリシリーズ・ロシア大会2017 ロステレコム杯の男子フリーの結果

ISU Grand Prix of Figure Skating Rostelecom Cup 2017/2018
開催国:ロシア
開催地:モスクワ
日程:2017年10月20日(金)~2017年10月22日(日)

男子フリースケーティング
現地時間:2017/10/21 13:30~
日本時間:2017/10/21 19:30~

羽生結弦選手は4Lzを着氷。後半の4Tが2Tになるミスがありましたが次のジャンプでリカバリ。4Sが単独になったリカバリは出来ずコンボ1抜け。FS単独で195.92点。4Lzの評価はプロトコルを確認したいところ。FS単独では1位ですがSPの点差を詰められず総合2位。

ネイサン・チェン選手は着氷が乱れるジャンプはありましたが得点源の4Lz+3Tなどをしっかり着氷。2Tを3回飛んだため減点要素になりましたがSPの差を守り切り優勝。

コリヤダ選手は4Lzと4Sと3Lzで転倒し4点減点も攻めの構成で100点超えの高い技術点。4T-3Tはきれいに着氷。

羽生結弦選手・ネイサン・チェン選手のジャンプの予定構成を一番下に掲載しました。

上位選手と日本代表の選手は技術点・演技構成点・ジャンプの構成を結果の下に掲載しています。全選手の技術点・演技構成点はTwitterで。@figureskate_55

順位 選手 得点 SP FS
1 ネイサン・チェン アメリカ 293.79 1 2
2 羽生結弦 日本 290.77 2 1
3 ミハイル・コリヤダ ロシア 271.06 4 3
4 ミーシャ・ジー ウズベキスタン 255.33 5 4
5 モリス・クヴィテラシヴィリ グルジア 250.26 8 5
6 ドミトリー・アリエフ ロシア 239.61 3 7
7 ナム・グエン カナダ 238.45 7 6
8 デニス・ヴァシリエフス ラトビア 227.53 6 9
9 デニス・テン カザフスタン 214.35 10 8
10 アンドレイ・ラズキン ロシア 212.14 9 11
11 グラント・ホッホスタイン アメリカ 206.09 11 10
12 ダニエル・サモーヒン イスラエル 183.79 12 12

羽生選手のジャンプの予定構成
4Lz 4Lo 3F / 4S-3T 4T-1Lo-3S 4T 3A-2T 3A

ネイサン・チェン選手の予定構成
4Lo 4F-3T 4S / 4Lz 4T-3T 3A 3A-2T-2Lo 3Lz

日本代表選手と上位選手の技術点・演技構成点・ジャンプの構成
ネイサン・チェン:193.25点
(技術点:104.85点 演技構成点:88.4点 減点:0.00点)
4Lz+3T 4F 4S 4T+2T+2Lo 2T, 3A 3A+2T 3Lz
予定構成
4Lo 4F-3T 4S / 4Lz 4T-3T 3A 3A-2T-2Lo 3Lz

羽生結弦:195.92点
(技術点:101.54点 演技構成点:94.38点 減点:0.00点)
4Lz 3Lo 3F / 4S 2T 4T-3T 3A-2T 3A
予定構成
4Lz 4Lo 3F / 4S-3T 4T-1Lo-3S 4T 3A-2T 3A
後半のジャンプでミスが続きリカバリしきれず。コンボ1抜け。最近好調だった4Sでターンが入りコンボをつけられず。4Tは2Tに抜けたものの次の単独の4Tをコンビネーションジャンプにして挽回。

ミハイル・コリヤダ:185.27点
(技術点:100.27点 演技構成点:89点 減点:4.00点)
4Lz 4S 3A / 4T+3T 3A+2T 3Lz+1Lo+3S 3Lo 3Lz