「世界フィギュアスケート選手権」タグの記事一覧

世界フィギュアスケート選手権2017 男子の注目選手・優勝候補・見どころ

世界フィギュアスケート選手権2017

2017年3月末からフィンランド・ヘルシンキで開催される世界フィギュアスケート選手権2017、ヘルシンキワールドの男子の注目選手・優勝候補・見どころをお届けします。 今シーズンの男子フィギュアは新時代と呼ばれる通り多くの選手が4回転ジャンプを複数の種類取り入れ平昌オリンピック前に一気にレベルの挙がったシーズンになっています。 優勝候補・表彰台候補になりそうな注目選手やそれらの選手の演技のみどころを紹介します。

世界フィギュアスケート選手権2017 女子の注目選手・優勝候補・見どころ

世界フィギュアスケート選手権2017

2017年3月末にヘルシンキで開催される世界フィギュアスケート選手権2017、ヘルシンキワールドの女子の注目選手・優勝候補・見どころをお届けします。 今シーズンの女子フィギュアはバンクーバーオリンピック以来となる世界歴代最高得点の更新があるなど五輪シーズン前にさらなるレベルアップが見られハイレベルな戦いが予想されます。 優勝候補・表彰台候補になりそうな注目選手やそれらの選手の演技のみどころを紹介します。

宮原知子がフィギュアスケートの世界選手権2017を欠場 理由は怪我・代役は?

世界フィギュアスケート選手権2017 平昌オリンピック

フィギュアスケートの日本代表・女子シングルのエース、宮原知子選手ががフィギュアスケートの世界選手権2017を欠場することが発表されました。 理由は昨年末から抱えていた左股関節疲労骨折。 代役として出場するのは全日本フィギュアスケート選手権5位の本郷理華選手です。

フィギュアスケート世界選手権2017 男子の出場選手のPB・SB

世界フィギュアスケート選手権2017

フィギュアスケートの世界選手権2017、ヘルシンキワールドの男子シングルの出場選手のパーソナルベストとシーズンベストのスコアをランキング形式でお届けします。 世界フィギュアスケート選手権は毎年開催されるフィギュアスケートの世界一決定戦。 今年は韓国・平昌オリンピック2018の出場枠をかけた枠取りが行われる重要なシーズンです。

韓国・平昌オリンピック2018 フィギュアスケートの出場枠”3枠”の条件

世界フィギュアスケート選手権2017 平昌オリンピック

韓国で開催される次の冬季五輪・平昌オリンピック2018のフィギュアスケートの出場枠「3枠」の条件をまとめてお届けします。 ピョンチャンオリンピックの出場枠を争う枠取りが行われるのは2016-2017シーズンの終わりに開催される世界フィギュアスケート選手権2017、ヘルシンキワールドです。 この結果で各国に最大3枠の出場枠が割り振られます。

世界フィギュアスケート選手権2017 女子のヘルシンキワールド出場選手

世界フィギュアスケート選手権2017

世界フィギュアスケート選手権2017、ヘルシンキワールドの女子の出場選手・エントリーを紹介します。 フィンランドのヘルシンキで開催される2016-2017シーズンの世界選手権は2018年に韓国で開催される平昌オリンピックの出場枠をかけた戦いとなります。 女子フィギュアで最大の代表3枠を自国にもたらすのはどの選手になるのでしょうか。

世界フィギュアスケート選手権2017 男子のヘルシンキワールド出場選手

世界フィギュアスケート選手権2017

世界フィギュアスケート選手権2017、ヘルシンキワールドの出場選手・エントリーを紹介します。 フィンランドのヘルシンキで開催される2016-2017シーズンの世界選手権は2018年に韓国で開催される平昌オリンピックの出場枠をかけた戦いとなります。 最大の代表3枠を自国にもたらすのはどの選手になるのでしょうか。

世界フィギュアスケート選手権2017 ヘルシンキワールドのカナダ代表の選手

世界フィギュアスケート選手権2017

世界フィギュアスケート選手権2017、ヘルシンキワールドのカナダ代表の出場選手が発表されました。 平昌オリンピックの出場枠をかけた世界選手権で日本代表のライバルになるのはどの選手でしょうか。 カナダのナショナル、国内選手権は2017年1月に開催されました。

世界フィギュアスケート選手権2017 ヘルシンキワールドのアメリカ代表

世界フィギュアスケート選手権2017

世界フィギュアスケート選手権2017、ヘルシンキワールドのアメリカ代表の出場選手が発表されました。 平昌オリンピックの出場枠をかけた世界選手権で日本代表のライバルになるのはどの選手でしょうか。 全米フィギュアスケート選手権は昨年優勝した男子のアダム・リッポン選手、女子2位のポリーナ・エドモンズ選手が欠場という状況でも高いレベルで代表争いが行われました。

ページの先頭へ