アメリカで開催されているフィギュアスケートの新しい団体戦「チームチャレンジカップ2016」女子ショートの結果です。

大陸別団体戦の女子シングル・ショートプログラムの順位とポイントを掲載しました。

日本代表からはチームアジアに宮原知子選手と本郷理華選手がメンバー入りしています。

チームチャレンジカップ2016 女子ショートの結果・順位とポイント

グループ1では世界選手権優勝のチームヨーロッパ・ロシアのエフゲーニャ・メドベージェワ選手が1位です。

宮原知子選手は自己ベストを更新する演技で2位につけました。

順位 選手 チーム
1位 エフゲーニャ・メドベージェワ ロシア 欧州 77.56
2位 宮原知子 日本 アジア 73.28
3位 グレーシー・ゴールド アメリカ 北米 71.34

女子ショート・グループ2では北米チームのカナダのガブリエル・デールマン選手が1位。

日本の本郷理華選手はジャンプでミスがあり3位でした。

順位 選手 チーム
1位 ガブリエル・デールマン カナダ 北米 68.45
2位 ロベルタ・ロデギエーロ イタリア 欧州 61.75
3位 本郷理華 日本 アジア 60.43

女子ショート・グループ3では北米チームのアシュリー・ワグナー選手が1位です。

順位 選手 チーム
1位 アシュリー・ワグナー アメリカ 北米 74.54
2位 エリザヴェート・トゥルシンバエワ カザフスタン アジア 65.44
3位 エレーナ・ラジオノワ ロシア 欧州 61.36

チームチャレンジカップ2016 女子ショートの結果 各チームのポイント

女子ショートの各チームのポイントはこちら。

チーム北米が一歩リードです。

チーム得点 女子SP
アジア 28
北米 32
欧州 30