フィギュアスケートのグランプリシリーズの日本大会、NHK杯2016の女子のエントリーと出場選手のGPS1試合目の結果と自己ベストとシーズンベストをまとめました。

一番下に優勝候補・注目選手も掲載したので観戦や予想の参考にご覧ください。

NHK杯2016の女子フィギュアには日本代表の宮原知子選手、樋口新葉選手、松田悠良選手がエントリー。

ロシアのアンナ・ポゴリラヤ選手、マリア・ソツコワ選手と強豪選手が出場予定です。

※シーズンベストは今季ISUの認定の試合の結果がある選手のみ掲載しています。

↓女子ショートの滑走順はこちら↓
NHK杯2016 グランプリシリーズ・日本大会の女子ショートの滑走順と時間

グランプリシリーズのNHK杯2016 女子の出場選手の出場選手のGPSの結果とPB・SB

ISU Grand Prix of Figure Skating NHK Trophy 2016/2017
開催地:日本・北海道札幌市
会場:真駒内セキスイハイムアリーナ
日程:2016年11月25日(金)~2016年11月27日(日)

↓NHK杯の日程とタイムスケジュール、滑走順・結果はこちらから↓
フィギュアスケート・グランプリシリーズNHK杯2016 日程と時間

女子シングルの出場選手と自己ベスト・シーズンベスト

パーソナルベストと2016-17シーズンの自己ベストです。

選手 1試合目 PB SB
アレーヌ・シャルトラン カナダ カナダ5位 186.11 186.11
樋口新葉 日本 フランス3位 194.48 194.48
松田悠良 日本 ロシア6位 178.98 177.65
宮原知子 日本 カナダ3位 214.91 206.75
エリザヴェート・トゥルシンバエワ カザフスタン ロシア5位 183.62 181.32
チェ・ダビン 韓国 カナダ7位 173.71 165.78
アリョーナ・レオノワ ロシア フランス12位 186.71 151.12
アンナ・ポゴリラヤ ロシア ロシア1位 215.21 215.21
マリア・ソツコワ ロシア フランス2位 200.35 200.35
ニコル・ラジコワ スロバキア ロシア7位 173.05 167.56
カレン・チェン アメリカ 中国-位 179.08 162.08
長洲未来 アメリカ カナダ9位 193.86 189.11

NHK杯2016 女子フィギュアの優勝候補と注目選手

優勝候補はロシア大会優勝のアンナ・ポゴリラヤ選手、フランス大会2位のマリア・ソツコワ選手、カナダ大会3位の宮原知子選手、フランス杯3位の樋口新葉選手の争いになると予想。

中でもロステレコム杯優勝のアンナ・ポゴリラヤ選手が215.21点と高いシーズンベストを出しており優勝候補の筆頭といえそう。

宮原知子選手はPBも実績も十分ですが先日のGPSではジャンプの回転不足やステップなどでスコアを伸ばせなかったので修正が必要な状況です。

樋口新葉選手は今季ジャンプが入らず不調でしたが国内大会で調子を上げGPSデビューで自己ベストを更新しています。

アメリカの長洲未来選手、カザフスタンのエリザヴェート・トゥルシンバエワ選手、カナダのアレーヌ・シャルトラン選手も好調。

激戦区となったNHK杯、女子シングル注目です。