スロベニアのリュブリャナで開催されるフィギュアスケートのジュニアグランプリ・スロベニア大会2016、女子フリーの結果と順位、得点です。

ジュニアのグランプリシリーズ第5戦のスロベニア大会の女子フィギュアには日本代表として本田真凜選手と紀平梨花選手の2人がエントリーしています。

フランス大会で優勝しているショート1位のロシア代表のアリーナ・ザギトワ選手の演技にも注目です。

フィギュアスケート・ジュニアグランプリ スロベニア大会2016 女子フリーの結果

ISU JGP Ljubljana Cup 2016 ISU Junior Grand Prix
ISUジュニアグランプリ JGPスロベニア大会2016
開催地:リュブリャナ / スロベニア
日程:2016/9/24

2016年9月24日(土曜日)
19時20分~ 女子 フリースケーティング
※日本時間

ジュニアグランプリ・スロベニア大会2016 日程と時間

女子の結果・リザルト

紀平梨花選手がトリプルアクセルを降り自己ベストを大きく更新する128.31点という好スコアで優勝。

グランプリファイナル出場を決めました。

本田真凜選手はJGP日本・横浜大会のフリー128.64点には届かなかったもののFS120.96点で合計178.75点で2戦連続の2位となりました。

残り2試合の選手の結果次第でファイナル出場の可能性はあります。

SP1位のアリーナ・ザギトワ選手はジャンプをすべて後半に入れる構成で挑みましたが両足着氷や回転不足があり得点を伸ばすことができませんでした。

結果の下に日本代表の選手と上位選手のフリーの得点、技術点・演技構成点を掲載しました。

順位 選手 得点 SP FS
1 紀平梨花 日本 194.24 2 1
2 本田真凜 日本 178.75 4 2
3 アリーナ・ザギトワ ロシア 177.38 1 4
4 イム・ウンス 韓国 166.91 6 3
5 アリサ・ロスコ ロシア 159.59 3 5
6 アシュリー・リン アメリカ 154.45 5 6
7 Michaela-Lucie HANZLIKOVA チェコ 142.13 9 8
8 サラ・タムラ カナダ 141.41 8 9
9 Alexandra FEIGIN ブルガリア 141.30 11 7
10 マチルダ・アルゴットソン スウェーデン 127.65 7 13
11 リア・ヨハンナ・ダスティシュリア ドイツ 125.87 14 10
12 リュボーフィ・エフィメンコ フィンランド 123.94 10 15
13 Polina USTINKOVA スイス 119.02 18 11
14 アナスタシア・ゴジュワ ウクライナ 116.69 12 17
15 アリッサ・ストマヒナ オーストリア 115.93 15 14
16 ルクレツィア・ジェンナロ イタリア 110.37 22 12
17 Bronislava DOBIASOVA スロバキア 110.27 16 16
18 ユーニ・マリエ・ベンジャミンセン ノルウェー 109.53 13 20
19 Daria JAKAB ハンガリー 106.58 17 19
20 アナ・リトビネンコ イギリス 105.18 19 18
21 Josephine KAERSGAARD デンマーク 93.87 20 22
22 Hana CVIJANOVIC クロアチア 92.60 24 21
23 Nina POLSAK スロベニア 90.78 25 23
24 Haley YAO 台湾 87.82 21 26
25 Elizabete JUBKANE ラトビア 86.17 23 27
26 Lara GUCEK スロベニア 86.00 27 24
27 Natalie SANGKAGALO タイ 81.94 26 28
28 Leona ROGIC セルビア 81.43 33 25
29 マルサ・ウードリック スロベニア 77.02 31 29
30 ジャンサヤ・アディハノワ  カザフスタン 75.01 30 31
31 Gulzhan ZHUMADILOVA カザフスタン 74.17 32 30
32 Joyce Selina CHAN 香港 72.95 29 32
33 Xin Yi LOKE シンガポール 72.92 28 33
34 フロレンシア・リン  アルゼンチン 52.91 34 34

キプロスのDaniella Vanessa IPSARIDOU選手は欠場です。

紀平梨花:128.31点
(技術点:71.74点 演技構成点:56.57点 減点:0.00点)

自己ベストはチェコ大会で出した118.73点、今大会のフリーではトリプルアクセルを降りこれを10点近く更新しました。

本田真凜:120.96点
(技術点:64.1点 演技構成点:56.86点 減点:0.00点)

演技内容はショートでミスのあった3F-3Tはステップアウト、後半のダブルアクセルからのコンビネーションジャンプはシングルアクセルになるなど少しミスがあり前回大会の自己ベストには届かず。

アリーナ・ザギトワ:109.29点
(技術点:54.11点 演技構成点:56.18点 減点:1.00点)