フィギュアスケートの国別対抗戦2017、世界フィギュアスケート国別対抗戦2017の男子フリーの結果・順位・得点を速報&実況でお届けします。

団体戦のポイントはフリー単独の順位で付与されるため結果には影響しませんがトータルスコアも計算して順位付けしてみたいと思います。

男子フィギュアのショートは宇野昌磨選手が1位、羽生結弦選手はジャンプで大きなミスが2つあり7位という結果でした。

フィギュアスケートの国別対抗戦2017 男子フリーの結果

世界フィギュアスケート国別対抗戦2017
ISU WORLD TEAM TROPHY 2017
開催地:日本・東京都・国立代々木競技場第一体育館
日程:平成29年4月20日(木)~4月23日(日)

↓団体戦のポイントランキングとほかのカテゴリの結果はこちらから↓
フィギュアスケート国別対抗戦2017 団体戦の結果と順位・得点

2017年4月21日(金)
19:00~ 男子フリースケーティング 実況予定

国別対抗戦2017 男子フリーの結果・リザルト

羽生結弦選手は冒頭の4Loは着氷するも次の4Sがシングルに。後半には3Aからのコンボを4T-1Lo-3Sにしてリカバリ。フリーは1位。

宇野昌磨選手は今大会から後半にも入れた4Fで転倒し単独になったためリピートで減点。コンボ券1余りも200点に迫るスコアで2位。日本はフリーで1-2達成し23P獲得。

パトリック・チャン選手は今シーズンから入れた4Sを着氷し4回転2種3本。3Aは抜けるもコンボはしっかり。

故障を抱えているネイサン・チェン選手はフリーでもルッツを回避。4F2本、4T2本で4回転を2種4本飛びました。

フリーの順位で団体戦のポイントは付与されますが参考までにトータルスコアの順位をFSの結果の下に載せました。

上位選手と日本代表の選手の得点と技術点・演技構成点・ジャンプの構成を一番下に掲載しています。

FS順位 選手 FS得点 P
1 羽生結弦 日本 200.49 12
2 宇野昌磨 日本 198.49 11
3 パトリック・チャン カナダ 190.74 10
4 ネイサン・チェン アメリカ 185.24 9
5 ミハイル・コリヤダ ロシア 184.04 8
6 ジェイソン・ブラウン アメリカ 179.35 7
7 ボーヤン・ジン 中国 174.63 6
8 シャフィク・ベセギエ フランス 157.46 5
9 ケヴィン・レイノルズ カナダ 150.41 4
10 マキシム・コフトゥン ロシア 148.29 3
11 ケビン・エイモズ フランス 127.43 2
12 タンシュ・リ 中国 125.32 1

参考:トータルスコアでの順位

団体戦のポイントには関係ありませんがトータルスコアでは宇野昌磨選手がただ一人300点台のスコアでトップ。羽生結弦選手もSP7位からFS1位の得点で総合3位に。

参考順位 選手 得点
1 宇野昌磨 日本 302.02
2 ネイサン・チェン アメリカ 284.52
3 羽生結弦 日本 284.00
4 ミハイル・コリヤダ ロシア 279.41
5 パトリック・チャン カナダ 276.47
6 ジェイソン・ブラウン アメリカ 273.67
7 ボーヤン・ジン 中国 272.61
8 シャフィク・ベセギエ フランス 239.39
9 マキシム・コフトゥン ロシア 212.91
10 ケヴィン・レイノルズ カナダ 212.29
11 ケビン・エイモズ フランス 194.66
12 タンシュ・リ 中国 190.56

上位選手・日本代表選手のFS単独の得点・技術点・演技構成点・ジャンプの構成
羽生結弦:200.49点
(技術点:106.93点 演技構成点:93.56点 減点:0.00点)
4Lo 1S 3F / 4S-3T 4T 3A-2T 4T-1Lo-3S 1A
前半の4Sが抜けて後半の3Aからのコンビネーションジャンプを4T-1Lo-3Sにして得点を挽回。昨日ミスをした4LoはGOE+2.57、4S-3Tは+2.43の高い加点がついています。

宇野昌磨:198.49点
(技術点:106.71点 演技構成点:92.78点 減点:1.00点)
4Lo 4F 3Lz / 3A-3T 4F 4T 3A-1Lo-3F 3S
プロトコルを見るとルッツはエラー。後半転倒した4Fはダウングレード+リピート+GOEマイナスで1.98点に。ステップのレベルの取りこぼしもありましたが技術点は106点と来年のプログラムが楽しみになる結果に。

パトリック・チャン:190.74点
(技術点:95.6点 演技構成点:95.14点 減点:0.00点)
4T-3T 4S 3A 4T 1A-2T 3Lo 3Lz-2T 3F
鬼門の3Aは抜けてシングルになったものの今シーズンから入れた4Sは着氷。冒頭の4T-3Tは今大会も2.71と高い加点。

ネイサン・チェン:185.24点
(技術点:101.88点 演技構成点:83.36点 減点:0.00点)
4F-2T 4F 2S 4T-2T-2Lo 4T 3A 3Lo 3F-3T
故障を抱えていてルッツを抜いた構成に。4Sは抜けて2Sになりましたが4F2本、4T2本の4回転2種4本を着氷も加点・演技構成点が伸びず。