四大陸フィギュアスケート選手権2017、四大陸選手権の女子フリーの結果を実況&速報でお届けします。

今年の四大陸フィギュアは時差のない韓国での開催、女子FSは18時~21時47分の試合時間と生中継にはいいスケジュールなのですがなぜかテレビ放送の時間は21時~23時10分の録画放送。

ということで順位と得点をいち早くお届けしたいと思います。

↓男子フリーの結果はこちら↓
四大陸フィギュアスケート選手権2017 男子フリーの結果

四大陸フィギュアスケート選手権2017 女子フリーの結果

ISU Four Continents Championships 2017
四大陸フィギュアスケート選手権
日程:2017/2/15 – 2017/2/19
開催国・開催地:韓国・江陵

四大陸フィギュアスケート選手権2017 日程と時間・テレビ放送予定

2017/2/18
18:00 – 21:47 女子 フリースケーティング

女子シングルの結果・リザルト

三原舞依選手がノーミスの演技。クリーンなジャンプと軽やかな滑りで会場を魅了しました。自己ベストを更新し200点台に乗せ初優勝です。

ガブリエル・デールマン選手は3Loが1LoになるなどミスはありましたがSP同様巨大なジャンプと勢いのある滑りをみせました。

アメリカ代表の長洲未来選手が大きなガッツポーズの出るノーミスの演技。PBを更新しています。

カナダのオズモンド選手は足にきたのか3度の転倒があり本来の安定感ある滑りをみせることができませんでした。

樋口新葉選手は2Aの両足着氷やフリップの抜けなどジャンプのミスがありSPに続いて悔しい結果になりました。

本郷理華選手も今シーズン苦しんでいるジャンプで転倒や両足着氷、回転不足などミスが目立ちましたが後半まで気持ちを切らさず滑り切っています。

日本人選手と後半の上位選手は結果・滑走順の下に技術点と演技構成点、ジャンプの構成を掲載しています。

明日2/19は11時から男子フリーを実況でお届けします。

順位 選手 得点 SP FS
1 三原舞依 日本 200.85 4 1
2 ガブリエル・デールマン カナダ 196.91 1 3
3 長洲未来 アメリカ 194.95 5 2
4 ケイトリン・オズモンド カナダ 184.17 2 6
5 チェ・ダビン 韓国 182.41 6 4
6 マライア・ベル アメリカ 177.10 7 7
7 李子君(ジジュン・リー) 中国 177.05 8 5
8 エリザヴェート・トゥルシンバエワ カザフスタン 176.65 3 11
9 樋口新葉 日本 172.05 10 9
10 本郷理華 日本 167.42 9 13
11 アレーヌ・シャルトラン カナダ 167.12 14 8
12 カレン・チェン アメリカ 166.82 12 10
13 李香凝(り こうぎょう) 中国 164.85 11 12
14 ブルックリー・ハン オーストラリア 152.05 16 14
15 趙子セン(チョウ・シセン) 中国 147.37 15 15
16 カイラニ・クレイン オーストラリア 136.91 13 17
17 エイミー・リン 台湾 125.02 18 19
18 メイシー・ヒューチン・マ 香港 124.65 19 18
19 ソン・シュヒョン 韓国 122.35 22 16
20 クロエ・イング シンガポール 120.18 21 20
21 シューラン・ユー シンガポール 118.40 20 21

WD ミカエラ・デュ・トイ
WD キム・ナヒョン

上位選手と日本代表の選手のフリー単独の得点と技術点・演技構成点・ジャンプの構成

三原舞依:134.34点 PB
(技術点:72.3点 演技構成点:62.04点 減点:0.00点)
3Lz+3T 3F 2A 2A+3T 3Lz+2T+2Lo 3Lo 3S
ノーミスの演技でフリーとトータルスコアの自己ベストを更新しTTL200点台に乗せました。プロトコルはすべてGOE+の評価。

長洲未来:132.04点 PB
(技術点:69.81点 演技構成点:62.23点 減点:0.00点)
3F+3T 3Lz 3S 2A+3T+2T 3Lo+2T 3Lo 2A
ステップでレベルの取りこぼしがあったもののクリーンなジャンプと全ての要素に加点のつく出来栄えでPBを更新。

ガブリエル・デールマン:128.66点
(技術点:63.71点 演技構成点:64.95点 減点:0.00点)
3T+3T 3Lz 3F / 3Lz+2T+2T 1Lo 2A 3S+2A
冒頭の3T+3TはSP同様大きなジャンプで 2.10点の加点。その後ミスがあり出来栄えマイナス評価があり技術点を伸ばせませんでした。

樋口新葉:113.22点
(技術点:57.55点 演技構成点:55.67点 減点:0.00点)
3Lz+3T 3Lo 2S 2A 3Lz+3T 1F 2A+2T+2Lo
2Aは途中で開いてしまい両足着氷に。抜けてしまうジャンプもあり涙のキスクラに。スピン・ステップのレベルの取りこぼしはなくあとはジャンプの調子だけか。

本郷理華:108.26点
(技術点:50.16点 演技構成点:59.1点 減点:1.00点)
3F+3T 3S 3Lz / 1A+2T 3Lo 3F+2T+2Lo 3T
ルッツの転倒では壁にぶつかるもすぐに演技を再開。アクセルが抜けるミスもありましたが最後のステップまで見せ場を作るのはさすが。