韓国・江陵で開催される四大陸フィギュアスケート選手権2017、四大陸選手権の男子ショートの滑走順と結果の実況・速報をこちらでお届けします。

男子ショートプログラムの滑走順抽選は2017/2/16、試合は2/17に開催されます。

日本代表は羽生結弦選手と宇野昌磨選手、田中刑事選手の3人が出場します。

↓結果は滑走順の下に掲載しています↓

四大陸フィギュアスケート選手権2017 男子ショートの滑走順と演技開始時間

ISU Four Continents Championships 2017
四大陸フィギュアスケート選手権
日程:2017/2/15 – 2017/2/19
開催国・開催地:韓国・江陵

四大陸フィギュアスケート選手権2017 日程と時間・テレビ放送予定

※タイムスケジュールは日本時間の24時間表記です
エントリー人数の増減などにより変更になる場合があります

男子SPの日程:2017/2/17
17:48 – 21:54 男子 ショートプログラム

まずは2/16に行われた滑走順抽選の結果です。

日本代表は田中刑事選手が4グループ、羽生結弦選手と宇野昌磨選手が最終グループの第5グループで登場します。

デニス・テン選手は欠場です。

滑走順 演技開始時間 出場選手
17:48:00 第1グループ
1 17:55:30 マイケル・テン 台湾
2 18:02:00 マーク・ウェブスター オーストラリア
3 18:08:30 ハリソン・イェン・ウォン 香港
4 18:15:00 カイ・シャン・チュー マレーシア
5 18:21:30 ブレンダン・ケリー オーストラリア
18:28:00 第2グループ
6 18:35:30 チンイー・ツァオ(曹志禕/そう しい)
7 18:42:00 イ・シヒョン 韓国
8 18:48:30 イ・ジュンヒョン 韓国
9 18:55:00 レスリー・イプ 香港
10 19:01:30 キム・ジンソ 韓国
19:08:00 製氷
19:28:00 第3グループ
11 19:35:30 ジュリアン志傑乙 マレーシア
12 19:42:00 李厚賢(りこうけん) 香港
13 19:48:30 アンドリュー・ドッズ オーストラリア
14 19:55:00 ケヴィン・レイノルズ カナダ
15 20:01:30 ハン・ヤン 中国
20:08:00 第4グループ
16 20:15:30 田中刑事 日本
17 20:22:00 ナム・グエン カナダ
18 20:28:30 マイケル・クリスチャン・マルティネス フィリピン
19 20:35:00 ネイサン・チェン アメリカ
20 20:41:30 グラント・ホッホスタイン アメリカ
20:48:00 製氷
21:08:00 第5グループ
21 21:15:30 ジェイソン・ブラウン アメリカ
22 21:22:00 羽生結弦 日本
23 21:28:30 宇野昌磨 日本
24 21:35:00 パトリック・チャン カナダ
25 21:41:30 ミーシャ・ジー ウズベキスタン
26 21:48:00 ボーヤン・ジン 中国

四大陸フィギュアスケート選手権2017 男子ショートの結果と順位・得点

四大陸選手権2017
男子シングル ショートプログラムの結果・リザルト
2016年2月17日 17:48~

日本人選手と後半の上位選手は結果の下に技術点と演技構成点も記載。Twitterの@figureskate_55では全選手お届けしています。

SP1位のネイサン・チェン選手は4回転ジャンプ2本を含むジャンプをすべて着氷。92.85点の自己ベストを更新し史上3人目の100点台のスコア。

宇野昌磨選手は4回転フリップ4回転トーループは堪えて着氷しコンボもつけて予定構成通りのジャンプにまとめました。3Aは大きな加点がついてPB更新の100点超えでSP2位。

羽生結弦選手は4回転サルコウが2回転にってしまいましたがコンボはしっかりつけて最低限のミスにまとめました。4Loは着氷。3Aは速報値で2.71点の加点。SP3位。

田中刑事選手は冒頭の4回転サルコウが3回転になり基礎点が6点下がるミスはあったものの最小限のミスでまとめました。

フリーは2/19の11:00から行われます。テレビ放送は夜と生放送ではないので結果は実況でお届けします。

SP順位 選手 得点 FS進出
1 ネイサン・チェン アメリカ 103.12 Q
2 宇野昌磨 日本 100.28 Q
3 羽生結弦 日本 97.04 Q
4 ボーヤン・ジン 中国 91.33 Q
5 パトリック・チャン カナダ 88.46 Q
6 ハン・ヤン 中国 84.08 Q
7 グラント・ホッホスタイン アメリカ 81.94 Q
8 ミーシャ・ジー ウズベキスタン 81.85 Q
9 ジェイソン・ブラウン アメリカ 80.77 Q
10 ブレンダン・ケリー オーストラリア 78.11 Q
11 田中刑事 日本 77.55 Q
12 ケヴィン・レイノルズ カナダ 76.36 Q
13 ナム・グエン カナダ 72.99 Q
14 マイケル・クリスチャン・マルティネス フィリピン 72.47 Q
15 ジュリアン志傑乙 マレーシア 72.21 Q
16 イ・ジュンヒョン 韓国 67.55 Q
17 イ・シヒョン 韓国 65.40 Q
18 キム・ジンソ 韓国 64.26 Q
19 アンドリュー・ドッズ オーストラリア 60.17 Q
20 マーク・ウェブスター オーストラリア 54.92 Q
21 レスリー・イプ 香港 52.86 Q
22 チンイー・ツァオ(曹志禕/そう しい) 台湾 51.02 Q
23 カイ・シャン・チュー マレーシア 47.38 Q
24 マイケル・テン 台湾 46.41 Q
25 李厚賢(りこうけん) 香港 45.27
26 ハリソン・イェン・ウォン 香港 45.12

上位選手と日本代表の選手のショートの得点と技術点・演技構成点

ネイサン・チェン:103.12点
(技術点:59.58点 演技構成点:43.54点 減点:0.00点)
4Lz+3T 4F 3A
基礎点17.90点の4Lz+3Tに1.71点の加点が着くなどもう少しで60点の59.58点でSP1位。レベルの取りこぼしもなくジャンプだけでない強さがありました。

宇野昌磨:100.28点
(技術点:56.07点 演技構成点:44.21点 減点:0.00点)
4F 4T+3T 3A
4Fは着氷を堪えプロトコルを見るとGOEはマイナスも他の要素はすべて加点。自己ベストを更新。

羽生結弦:97.04点
(技術点:50.11点 演技構成点:46.93点 減点:0.00点)
4Lo 2S+3T 3A
今季ショートでは決まっていた4Sが2Sになり基礎点を伸ばせず。4Loは加点のつく出来栄え。

田中刑事:77.55点
(技術点:38.9点 演技構成点:38.65点 減点:0.00点)
3S 3A 3F+3T
4Sが3Sになり基礎点は6点ほど下がりましたが自己ベストの約80点から大きく下げずその他の要素の成長を感じさせる演技。