フィギュアスケートのISUグランプリシリーズ・ロシア大会、ロステレコム杯2016の女子フリーの結果と順位・得点を速報&実況でお届けします。

GPS3試合目のロシア・モスクワ大会、女子シングルは地元ロシアの強豪選手、アンナ・ポゴリラヤ選手、エレーナ・ラジオノワ選手、ユリア・リプニツカヤ選手が好調。

日本代表からは村上佳菜子・松田悠良の二人がエントリー。

グランプリシリーズ・ロシア大会 スロステレコム杯2016の女子フリーの結果

ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯2016
ISU Grand Prix of Figure Skating Rostelecom Cup 2016/2017
開催地:ロシア・モスクワ
日程:2016年11月4日(金)~2016年11月6日(日)
※現地時間
女子シングル フリースケーティング 結果・リザルト

↓日程やその他のクラスの結果・滑走順はこちら↓
グランプリシリーズ・ロシア大会 ロステレコム杯2016の日程と時間

ロステレコム杯2016 女子フリーの結果と順位

村上佳菜子選手はアクセルジャンプに苦しみ2Aが1Aに。両足着氷や回転不足もあり得点は伸びませんでした。2試合が終わったので次は12月の全日本選手権です。

松田悠良選手はルッツ以外はノーミスの演技で自己ベストを更新。次戦はNHK杯。

リプニツカヤ選手は足を痛めたのか演技を中断。演技は再開しましたがショートからは一転お客さんも涙のキスクラに。

SP2位のラジオノワ選手はジャンプで転倒や着氷の乱れはありましたがSP同様しっかりまとめて2位。

優勝はショート・フリーともにパーフェクトな圧巻の演技をみせたアンナ・パゴリラヤ選手でした。2本そろえてTTLで自己ベストを更新。

日本代表の選手と注目選手の簡単な演技の構成と技術点・演技構成点を一番下に掲載していきます。

順位 選手 得点 SP FS
1 アンナ・ポゴリラヤ ロシア 215.21 1 1
2 エレーナ・ラジオノワ ロシア 195.60 2 2
3 コートニー・ヒックス アメリカ 182.98 6 3
4 李子君(ジジュン・リー) 中国 181.83 5 4
5 エリザヴェート・トゥルシンバエワ カザフスタン 181.32 4 5
6 松田悠良 日本 177.65 7 6
7 ニコル・ラジコワ スロバキア 167.56 8 7
8 ロベルタ・ロデギエーロ イタリア 159.80 12 8
9 アナスタシア・ガルスチャン アルメニア 159.26 9 9
10 アンゲリーナ・クチヴァルスカ ラトビア 151.09 11 10
11 村上佳菜子 日本 151.03 10 11
12 ユリア・リプニツカヤ ロシア 148.46 3 12

FSの得点と技術点・演技構成点 簡単な構成と感想

日本代表・注目選手のフリーの得点と技術点・演技構成点 簡単な構成と感想を掲載します。プロトコルが発表されたら追記します。

掲載しきれない選手はTwitterで。@figureskate_55

アンナ・ポゴリラヤ:141.28点
(技術点:70.76点 演技構成点:70.52点 減点:0.00点)

3Lz-3T 3F 2A / 3Lz-1Lo-3S 3Lo-2T 3Lo 2A
ショートに続いて圧巻の演技。パーフェクト。自己ベストにはわずかに届きませんでしたがTTL215.21はPB.

エレーナ・ラジオノワ:123.67点
(技術点:57.92点 演技構成点:66.75点 減点:1.00点)

3Lz 3F-3T / 3Lz-1Lo-3S 3Lo 2A 3Lo 2A
ショート同様やはり本調子ではなさそうでしたがしっかりまとめて後半5ジャンプ。

松田悠良:116.08点 PB
(技術点:57.86点 演技構成点:58.22点 減点:0.00点)

2A+3T+3Lo 3F / 3Lz 2A 3F+2T 3Lo+2T 3S
後半のルッツは回転とエッジが微妙。それ以外はノーミスの演技でPB更新。

村上佳菜子:95.78点
(技術点:39.88点 演技構成点:55.9点 減点:0.00点)

3Lo 3S 3F / 1A 3F+2T 3S+2Lo+2Lo 1A
転倒こそなかったものの両足着氷、抜け、回転不足とフリーでもジャンプに苦しみました。全日本フィギュアでは笑顔が見たいですね。

ユリア・リプニツカヤ:79.21点
(技術点:31.89点 演技構成点:53.32点 減点:6.00点)

3Lz-2T 3Lo 2A 3F / A 1Lz 中断 2A
6分間練習から足を気にするしぐさを見せていましたが痛めていたのか演技を中断。再開しましたが中断の減点もあり最下位。しっかり治して復調の年になることを祈りたい。