フィギュアスケートのISUグランプリシリーズ・ロシア大会、ロステレコム杯2016の女子ショートの結果と順位・得点を速報&実況でお届けします。

GPS3試合目のロシア・モスクワ大会、女子シングルには日本代表の村上佳菜子・松田悠良の二人がエントリー。

ロシア大会ということでロシアの強豪選手、アンナ・ポゴリラヤ選手、エレーナ・ラジオノワ選手、ユリア・リプニツカヤ選手が出場します。

グランプリシリーズ・ロシア大会 スロステレコム杯2016の女子ショートの結果

ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯2016
ISU Grand Prix of Figure Skating Rostelecom Cup 2016/2017
開催地:ロシア・モスクワ
日程:2016年11月4日(金)~2016年11月6日(日)
※現地時間
女子シングル ショートプログラム 結果・リザルト

↓日程やその他のクラスの結果・滑走順はこちら↓
グランプリシリーズ・ロシア大会 ロステレコム杯2016の日程と時間

ロステレコム杯2016 女子ショートの結果と順位

1番滑走の村上佳菜子選手はジャンプはすべて着氷したもののやはり回転不足があったのか得点は伸びず。SB

ロシアのユリア・リプニツカヤ選手はキャンドルスピンが健在。ジャンプも軽やか。SB

ポゴリラヤ選手はパーフェクトな演技。ラジオノワ選手は本調子ではなさそうですがしっかりまとめてPB

日本代表の選手と注目選手の簡単な演技の構成と技術点・演技構成点を一番下に掲載しています。

明日の女子フリーも結果は実況でお届けします。
ロステレコム杯2016 グランプリシリーズ・ロシア大会の女子フリーの滑走順と時間

SP順位 選手 得点
1 アンナ・ポゴリラヤ ロシア 73.93
2 エレーナ・ラジオノワ ロシア 71.93
3 ユリア・リプニツカヤ ロシア 69.25
4 エリザヴェート・トゥルシンバエワ カザフスタン 64.31
5 李子君(ジジュン・リー) 中国 63.89
6 コートニー・ヒックス アメリカ 63.68
7 松田悠良 日本 61.57
8 ニコル・ラジコワ スロバキア 57.91
9 アナスタシア・ガルスチャン アルメニア 55.93
10 村上佳菜子 日本 55.25
11 アンゲリーナ・クチヴァルスカ ラトビア 54.29
12 ロベルタ・ロデギエーロ イタリア 52.57

SPの得点と技術点・演技構成点 簡単な構成と感想

日本代表・注目選手のSPの得点と技術点・演技構成点 簡単な構成と感想を掲載します。プロトコルが発表されたら追記します。

掲載しきれない選手はTwitterで。@figureskate_55

アンナ・ポゴリラヤ:73.93点 SB
(技術点:39.24点 演技構成点:34.69点 減点:0.00点)

3Lz+3T 3Lo 2A
ほぼPB。余裕のある力強い滑りでパーフェクト。全ての要素に加点のつく質の高い演技。

エレーナ・ラジオノワ:71.93点 PB
(技術点:37.5点 演技構成点:34.43点 減点:0.00点)

3Lz+3T 3Lo 2A
シーズン初戦でPBを更新。まだまだ本調子ではなさそうなので今季が楽しみ。レベル4のステップは 1.90点の加点。

ユリア・リプニツカヤ:69.25点 SB
(技術点:36.46点 演技構成点:32.79点 減点:0.00点)

3T+3T 2A 3F
軽やかなジャンプと滑り。キャンドルスピンなど得意のスピンも健在。今年は復帰の年になればいいな。フリップはエッジエラー(!)最初の3-3は 1.40点の加点と高評価。

松田悠良:61.57点
(技術点:32.92点 演技構成点:28.65点 減点:0.00点)

2A 3Lo+3Lo 3F
3回転ループは回転が微妙。スピードが落ちる場面もあったものの可憐なピアノレッスン。セカンドループは回転不足(<) 村上佳菜子:55.25点 SB
(技術点:27.14点 演技構成点:28.11点 減点:0.00点)

3F 3T+3T 2A
ジャンプはアクセル以外回転不足か。セカンドジャンプでステップアウトもあり得点は伸びず。それでもキレは戻ってきたし笑顔でよかった。シーズンベストは更新。プロトコルを見るとフリップとセカンドジャンプが回転不足(<)<<がなくなってよかった!