フィギュアスケートのISUグランプリシリーズ・ロシア大会、ロステレコム杯2016の男子ショートの結果と順位・得点を速報&実況でお届けします。

GPS3試合目のロシア・モスクワ大会には日本代表の宇野昌磨・田中刑事の二人がエントリー。

スケアメ優勝の宇野選手のライバルはスペインのハビエル・フェルナンデス選手、世界王者です。

グランプリシリーズ・ロシア大会 スロステレコム杯2016の男子ショートの結果

ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯2016
ISU Grand Prix of Figure Skating Rostelecom Cup 2016/2017
開催地:ロシア・モスクワ
日程:2016年11月4日(金)~2016年11月6日(日)
※現地時間
男子シングル ショートプログラム 結果・リザルト

↓日程やその他のクラスの結果・滑走順はこちら↓
グランプリシリーズ・ロシア大会 ロステレコム杯2016の日程と時間

ロステレコム杯2016 男子ショートの結果と順位

宇野選手は前半のジャンプで着氷に乱れがあったものの98.59点と自己ベストを更新して1位。

ハビエル・フェルナンデス選手も前半のジャンプでミス。4Sが抜けるなど得点を伸ばせず。宇野選手とは7点差。

田中刑事選手は冒頭の4Sが2Sになる大きなミス。抜けはコケより・・・ということでフリーに期待です。

日本代表の選手と注目選手の簡単な演技の構成と技術点・演技構成点を一番下に掲載しています。

明日の男子も実況でお届けします。
ロステレコム杯2016 グランプリシリーズ・ロシア大会の男子フリーの滑走順と時間

SP順位 選手 得点
1 宇野昌磨 日本 98.59
2 ハビエル・フェルナンデス スペイン 91.55
3 ミハイル・コリヤダ ロシア 90.28
4 オレクシイ・ビチェンコ イスラエル 86.81
5 シャフィク・ベセギエ フランス 80.68
6 エラッジ・バルデ カナダ 76.36
7 アルトゥール・ドミトリエフ ロシア 76.06
8 マックス・アーロン アメリカ 73.64
9 ゴルジェイ・ゴルシュコフ ロシア 73.37
10 田中刑事 日本 69.13
11 アレクサンデル・マヨロフ スウェーデン 67.80
12 デニス・ヴァシリエフス ラトビア 62.40

SPの得点と技術点・演技構成点 簡単な構成と感想

日本代表・注目選手のSPの得点と技術点・演技構成点 簡単な構成と感想を掲載します。プロトコルが発表されたら追記します。

掲載しきれない選手はTwitterで。@figureskate_55

宇野昌磨:98.59点 PB
(技術点:54.28点 演技構成点:44.31点 減点:0.00点)

4F 4T+3T 3A
4回転フリップはお手付き、コンビネーションジャンプはステップアウトと着氷に乱れ。それでも技術点を50点台に乗せて自己ベストを大きく更新。3AはGOE+2.57と大きな加点。

ハビエル・フェルナンデス:91.55点
(技術点:45.47点 演技構成点:46.08点 減点:0.00点)

4T+3T 3S 3A
4回転のコンビネーションジャンプはステップアウト、サルコーは抜けて3回転に。プログラムは昨シーズンからの持ち越しで完成度が高いです。スピンはすべてレベル3。

ミハイル・コリヤダ:90.28点
(技術点:48.56点 演技構成点:41.72点 減点:0.00点)

4T+3T 3A 3Lz
4T+3TはGOE+2.00と大きな加点で得点源に。アクセルは乱れたもののしっかりまとめてPB更新。

田中刑事:69.13点
(技術点:32.49点 演技構成点:36.64点 減点:0.00点)

2S 3A 3F+3T
今大会もジャンプがまとまらず。2SはSPの規定のジャンプの要素にならないので0点。素敵なプログラムなのでパーフェクトな演技を見られる日が楽しみ。