日本の女子フィギュアスケーター、三原舞依の過去の試合の結果と簡単なプロフィールをお届けします。

2016-2017シーズンにシニアに上がった三原舞依選手、昨シーズンはジュニアのグランプリファイナルにも出場しています。

そのJGPFの後に若年性リウマチとして知られる若年性特発性関節炎という難病で入院するなど厳しいシーズンを乗り越え2016年本格的にシニアデビュー。

シーズン序盤のチャレンジャーシリーズで優勝しており今後の活躍が楽しみな選手の一人です。

※掲載している情報は2016年10月18日現在のものです。

三原舞依の過去の試合の結果・成績と歴代のプログラム

名前:三原舞依
生年月日:1999年8月22日(17歳)
所属:神戸ポーアイランドFSC
コーチ:中野園子・グレアム充子
特別強化選手

ジュニア最終シーズンは8月の2015年アジアフィギュア杯にシニアクラスで出場し優勝、ジュニアグランプリファイナルにも出場したものの上記の故障で成績を残せず全日本フィギュアの出場も逃しました。

2016-17年から本格的にシニアに参戦。初戦のネーベルホルン杯2016では元世界女王のエリザヴェータ・タクタミシェワ選手をおさえて優勝。

華々しいデビューを飾っており今季のグランプリシリーズ、全日本フィギュアの注目選手です。

国内大会の近畿フィギュアスケート選手権でも優勝しており西日本フィギュアは予選免除、全日本フィギュア出場を決めています。

国際大会ではISUグランプリシリーズのアメリカ大会と中国杯にエントリーしています。

大会 / 年 2012-13 2013-14 2014-15 2015-16 2016-17
全日本選手権 12位 9位
GPスケートアメリカ
CSネーベルホルン杯 1位
アジアフィギュア杯 J 2位 1位
全日本Jr.選手権 8位 2位 7位 8位
JGPファイナル 6位
JGPオーストリア杯 2位
JGP J&Tバンカ 2位
JGPリュブリャナ杯 6位
JGPミンスク 5位

JGP=ジュニアグランプリ
GP=グランプリシリーズ

過去のプログラムで使用した曲

SP FS EX
2016-2017 序奏とロンド・カプリチオーソ
作曲:カミーユ・サン=サーンス
振付:マッシモ・スカリ
映画『シンデレラ』より
作曲:パトリック・ドイル
振付:佐藤有香
2015-2016 バレエ『ジゼル』より
作曲:アドルフ・アダン
振付:マリナ・ズエワ、川越正大、太田由希奈
Le Jazz Hot映画『ビクター/ビクトリア』より
作曲:ヘンリー・マンシーニ
2014-2015 カディスの娘たち
作曲:レオ・ドリーブ
振付:川越正大
2013-2014 さくら
作曲:森山直太朗
振付:川越正大
ミュージカル『ウエスト・サイド物語』より
作曲:レナード・バーンスタイン
振付:川越正大
ディズニーメドレー
作曲:フランク・チャーチル 他