スロベニアのリュブリャナで開催されるフィギュアスケートのジュニアグランプリ、JGPのスロベニア大会2016の女子ショートの結果と順位・得点です。

ジュニアのグランプリシリーズ第5戦のスロベニア大会の女子シングルには日本代表として本田真凜選手と紀平梨花選手がエントリーしています。

フランス大会で優勝しているロシア代表のアリーナ・ザギトワ選手の演技にも注目です。

ジュニアグランプリ・スロベニア大会2016 女子ショートの結果とスコア

ISU JGP Ljubljana Cup 2016 ISU Junior Grand Prix
ISUジュニアグランプリ JGPスロベニア大会2016
開催地:リュブリャナ / スロベニア
日程:2016/9/22

2016年9月22日(木曜日)
21時15分~26時10分 女子 ショートプログラム

フィギュアスケートのジュニアグランプリ・スロベニア大会2016 日程と時間

結果・リザルト

ロシアのアリーナ・ザギトワ選手が68.09という好スコアでSPトップ。

紀平梨花選手はチェコ大会の66.78点には届かなかったもののほぼノーミスの演技で65.93点を出しショート2位です。

本田真凜選手は日本の横浜大会の55.47点よりは得点を伸ばしましたが冒頭の3回転の連続ジャンプが3回転1回転になるミスがありファイナル進出にむけ厳しい結果となりましたが3位の選手とは約2点差と差が少ないので逆転に期待です。

日本代表の選手と注目選手のショートの得点と内訳は一番下に掲載しています。

SP順位 選手 得点
1 アリーナ・ザギトワ ロシア 68.09
2 紀平梨花 日本 65.93
3 アリサ・ロスコ ロシア 59.78
4 本田真凜 日本 57.79
5 Ashley LIN アメリカ 57.08
6 Eunsoo LIM 韓国 55.88
7 マチルダ・アルゴットソン スウェーデン 52.43
8 サラ・タムラ カナダ 51.42
9 Michaela-Lucie HANZLIKOVA チェコ 49.77
10 リュボーフィ・エフィメンコ フィンランド 49.62
11 Alexandra FEIGIN ブルガリア 48.43
12 アナスタシア・ゴジュワ ウクライナ 47.33
13 ユーニ・マリエ・ベンジャミンセン ノルウェー 44.60
14 リア・ヨハンナ・ダスティシュリア ドイツ 41.94
15 アリッサ・ストマヒナ オーストリア 41.42
16 Bronislava DOBIASOVA スロバキア 39.29
17 Daria JAKAB ハンガリー 38.59
18 Polina USTINKOVA スイス 37.42
19 アナ・リトビネンコ イギリス 36.53
20 Josephine KAERSGAARD デンマーク 35.02
21 Haley YAO 台湾 34.60
22 ルクレツィア・ジェンナロ イタリア 33.95
23 Elizabete JUBKANE ラトビア 33.05
24 Hana CVIJANOVIC クロアチア 32.70
25 Nina POLSAK スロベニア 32.41
26 Natalie SANGKAGALO タイ 30.30
27 Lara GUCEK スロベニア 28.99
28 Xin Yi LOKE シンガポール 28.39
29 Joyce Selina CHAN 香港 28.07
30 ジャンサヤ・アディハノワ  カザフスタン 27.85
31 マルサ・ウードリック スロベニア 26.67
32 Gulzhan ZHUMADILOVA カザフスタン 26.25
33 Leona ROGIC セルビア 26.03
34 フロレンシア・リン  アルゼンチン 20.65
35 Daniella Vanessa IPSARIDOU キプロス 18.75

紀平梨花:65.93点
(技術点:38.65点 演技構成点:27.28点 減点:0.00点)

本田真凜:57.79点
(技術点:29.59点 演技構成点:28.2点 減点:0.00点)

第3戦の日本大会でもミスがあった3回転フリップ3回転トーループのコンビネーションジャンプが3回転1回転になるミスがあり得点を伸ばすことができませんでした。

アリーナ・ザギトワ:68.09点
(技術点:39.97点 演技構成点:28.12点 減点:0.00点)

アリサ・ロスコ:59.78点
(技術点:32.76点 演技構成点:27.02点 減点:0.00点)