フィギュアスケートのロンバルディアトロフィー2016の男子フリーの滑走順と試合後には結果・順位・スコアをお届けします。

男子フィギュアの日本代表の宇野昌磨選手が2016-17シーズンの初戦に選んで出場しています。

ショートはジャンプでミスがあったもののトップ、優勝に期待がかかります。

フィギュアスケート・ロンバルディア杯2016 男子フリーの結果と得点

ISU チャレンジャーシリーズ ロンバルディアトロフィー2016
ISU CS Lombardia Trophy 2016 ISU Challenger Series
開催国・開催地:イタリア・セスト・サン・ジョヴァンニ

男子フリースケーティング
2016/9/11 19時(日本時間)

結果・リザルト

日本の宇野昌磨選手がシーズン初戦で優勝しました。

宇野昌磨選手のフリーの得点と演技内容、技術点・演技構成点を一番下に掲載しています。

順位 選手 得点 SP FS
1 宇野昌磨 日本 258.93 1 2
2 ジェイソン・ブラウン アメリカ 256.49 2 1
3 マックス・アーロン アメリカ 218.73 3 3
4 ステファン・ウォーカー スイス 207.81 4 4
5 グラント・ホッホスタイン アメリカ 198.77 5 5
6 ジュンヒョン・リー 韓国 184.58 6 6
7 グラハム・ニューベリー イギリス 166.91 8 7
8 Ondrej SPIEGL スウェーデン 166.56 7 8
9 シモン・オクー フランス 147.03 10 9
10 Conor STAKELUM アイルランド 144.52 9 10
11 Jaeseok KYEONG 韓国 132.13 11 11
12 Alessandro FADINI イタリア 123.09 12 12
13 Lap Kan YUEN 香港 99.04 13 13

日本代表の選手のフリーの得点と内訳

宇野昌磨:172.25点
(技術点:86.35点 演技構成点:85.9点 減点:0.00点)

 昨シーズン世界で初めて成功させた4回転フリップと4回転トーループの2種類を入れ、メインは2回の4回転フリップという構成。プロトコルを見ると後半に入れた4回転フリップからの連続ジャンプ、最初の4Fで回転不足のアンダーローテーションとなりコンビネーションとして認定されませんでした。冒頭の4回転フリップもGOEマイナス、ステップもレベル3などミスや取りこぼしのある結果となりましたが伸びしろの大きい今季が楽しみになるプログラムでした。