フィギュアスケートの2017-18シーズンのISUグランプリシリーズ中国大会、中国杯2017の男子ショートの結果・順位・得点を速報&実況でお届けします。

今年・2017年のGPS中国大会の男子フィギュアには日本代表の田中刑事選手・スペインのハビエル・フェルナンデス選手、地元中国のボーヤン・ジン(金博洋)選手らがエントリーしています。

注目の男子シングル・ショートプログラムは11/3の夜に行われます。

グランプリシリーズ中国大会2017 中国杯の男子ショートの結果

ISU Grand Prix of Figure Skating Cup of China 2017/2018
開催国・開催地:中国・北京
日程:2017年11月3日(金)~2017年11月5日(日)

男子ショートプログラム
日本時間2017/11/3 20:05~

グランプリシリーズ中国大会2017 男子の予定構成【GPS中国杯】

結果・リザルト

ミハイル・コリヤダ選手は4回転ルッツをきれいに着氷し自身初の100点超えでSP1位。ジャンプがすべてはまりました。

ボーヤン・ジン選手は4Lz+3Tを含むすべてのジャンプを着氷。少し着氷が乱れるジャンプはありましたが技術点は50点超えで2位。

ハビエル・フェルナンデス選手は4Tが3Tになるミスがありスコアはぎりぎり90点でSP3位。

怪我明けの田中刑事選手はジャンプをすべて着氷しTES速報値は47.80。実際のスコアは47.91点と少しUP。去年のNHK杯で記録した80.49点の自己ベストを大きく更新し4位。

上位選手と日本代表の選手は技術点・演技構成点・ジャンプの構成(予定・実際)を結果の下に掲載しています。全選手はTwitterに。@figureskate_55

SP順位 選手 得点
1 ミハイル・コリヤダ ロシア 103.13
2 ボーヤン・ジン 中国 93.89
3 ハビエル・フェルナンデス スペイン 90.57
4 田中刑事 日本 87.19
5 マックス・アーロン アメリカ 83.11
6 ハン・ヤン 中国 82.22
7 グラント・ホッホスタイン アメリカ 80.55
8 ヴィンセント・ゾウ アメリカ 80.23
9 アレクサンドル・ペトロフ ロシア 68.58
10 ケヴィン・レイノルズ カナダ 64.40
11 アレクサンデル・マヨロフ スウェーデン 64.27
12 張鶴(ちょうかく) 中国 46.99

日本代表&上位選手のSP単独のスコアと技術点・演技構成点・ジャンプの構成
ミハイル・コリヤダ:103.13点
(技術点:59.63点 演技構成点:43.5点 減点:0.00点)
予定:4Lz 4T+3T / 3A
実際:4Lz 4T+3T / 3A

ボーヤン・ジン:93.89点
(技術点:52.67点 演技構成点:41.22点 減点:0.00点)
予定:4Lz+3T 3A 4T
実際:4Lz+3T 3A 4T

ハビエル・フェルナンデス:90.57点
(技術点:44.35点 演技構成点:46.22点 減点:0.00点)
予定:4T+3T 4S / 3A
実際:3T+2T 4S / 3A

田中刑事:87.19点
(技術点:47.91点 演技構成点:39.28点 減点:0.00点)
予定:4S 3F+3T / 3A
実際:4S 3F+3T / 3A