フィギュアスケートの国別対抗戦2017、世界フィギュアスケート国別対抗戦2017の女子フリーの結果・順位・得点を速報&実況でお届けします。

団体戦のポイントはフリー単独の順位で付与されるため結果には影響しませんがトータルスコアも計算して順位付けしてみたいと思います。

女子ショートでは三原舞依選手が3位、樋口新葉選手が5位、二人とも自己ベストを更新する演技でした。

フィギュアスケートの国別対抗戦2017 女子フリーの結果

世界フィギュアスケート国別対抗戦2017
ISU WORLD TEAM TROPHY 2017
開催地:日本・東京都・国立代々木競技場第一体育館
日程:平成29年4月20日(木)~4月23日(日)

↓団体戦のポイントランキングとほかのカテゴリの結果はこちらから↓
フィギュアスケート国別対抗戦2017 団体戦の結果と順位・得点

2017年4月22日(土)
16:50~ 女子 フリースケーティング 実況予定

国別対抗戦2017 女子フリーの結果・リザルト

ロシアの世界女王、エフゲーニャ・メドベージェワ選手が世界歴代最高得点を160点台に更新しSPに続いてFSも1位。

三原舞依選手がパーフェクトな演技で樋口新葉選手が少し前に更新した日本歴代最高得点をさらに更新。

樋口新葉選手はパーフェクトな演技で自己ベストを15点以上更新。三原舞依選手に抜かれるまで日本歴代最高得点。

日本は2位-3位で団体戦の金メダルが確定しました。

フリーの順位で団体戦のポイントは付与されますが参考までにトータルスコアの順位をFSの結果の下に載せていきます。

上位選手と日本代表の選手の得点と技術点・演技構成点・ジャンプの構成を一番下に掲載しています。

FS順位 選手 得点 P
1 エフゲーニャ・メドベージェワ ロシア 160.46 12
2 三原舞依 日本 146.17 11
3 樋口新葉 日本 145.30 10
4 ガブリエル・デールマン カナダ 142.41 9
5 エレーナ・ラジオノワ ロシア 137.08 8
6 アシュリー・ワグナー アメリカ 133.26 7
7 李子君(ジジュン・リー) 中国 128.30 6
8 李香凝(り こうぎょう) 中国 115.61 5
9 カレン・チェン アメリカ 108.62 4
10 ローリン・レカヴェリエ フランス 107.43 3
11 アレーヌ・シャルトラン カナダ 107.15 2
12 マエ=ベレニス・メイテ フランス 105.58 1

参考:トータルスコアでの順位
団体戦のポイントには関係ありません

参考順位 選手 得点
1 エフゲーニャ・メドベージェワ ロシア 241.31
2 三原舞依 日本 218.27
3 樋口新葉 日本 216.71
4 ガブリエル・デールマン カナダ 214.15
5 エレーナ・ラジオノワ ロシア 209.29
6 アシュリー・ワグナー アメリカ 204.01
7 李子君(ジジュン・リー) 中国 188.06
8 李香凝(り こうぎょう) 中国 179.42
9 カレン・チェン アメリカ 168.95
10 アレーヌ・シャルトラン カナダ 166.28
11 ローリン・レカヴェリエ フランス 161.58
12 マエ=ベレニス・メイテ フランス 154.69

上位選手・日本代表選手のFS単独の得点・技術点・演技構成点・ジャンプの構成
エフゲーニャ・メドベージェワ:160.46点 世界歴代最高得点
(技術点:82.4点 演技構成点:78.06点 減点:0.00点)
3F-3T 3Lz 3Lo 3F 2A-2T-2T 3S-3T 2A
世界歴代最高得点を更新。プロトコルを見ると全12要素中5要素が+2.00以上の加点、全要素+1.00以上の加点とGOEで+20点技術点を伸ばしました。PCSはすべて9点以上、Performanceは10点満点。

三原舞依:146.17点
(技術点:76.07点 演技構成点:70.1点 減点:0.00点)
3Lz-3T 3F 2A 2A-3T 3Lz-2T-2Lo 3Lo 3S
樋口新葉選手が記録した日本歴代最高得点をさらに更新。基礎点では出場選手中トップ。

樋口新葉:145.3点
(技術点:75.65点 演技構成点:69.65点 減点:0.00点)
3Lz-3T 3Lo 3S 2A 3Lz-3T 3F 2A-2T-2Lo
FSの自己ベストを15点以上、トータルスコアの自己ベストを20点以上更新。フリップのエラーが惜しい。