フィギュアスケートの国別対抗戦2017、世界フィギュアスケート国別対抗戦2017の男子ショートの結果・順位・得点を速報&実況でお届けします。

平昌オリンピックの団体戦の前哨戦である6か国対抗の国別対抗戦。

男子フィギュアは日本代表として羽生結弦選手・宇野昌磨選手がエントリーしています。

↓4/21 19:00~ 男子FSの結果の実況はこちら↓
フィギュアスケートの国別対抗戦2017 男子フリーの結果

フィギュアスケートの国別対抗戦2017 男子ショートの結果

世界フィギュアスケート国別対抗戦2017
ISU WORLD TEAM TROPHY 2017
開催地:日本・東京都・国立代々木競技場第一体育館
日程:平成29年4月20日(木)~4月23日(日)

↓団体戦のポイントランキングとほかのカテゴリの結果はこちらから↓
フィギュアスケート国別対抗戦2017 団体戦の結果と順位・得点

2017年4月20日(木)
18:40~ 男子 ショートプログラム 実況予定

国別対抗戦2017 男子ショートの結果・リザルト

宇野昌磨選手は4Fは堪えて着氷。4T+3Tは2Tになったものの自己ベストに迫るスコアで大きなミスなくまとめてSP1位。

羽生結弦選手は冒頭の4Loがシングルになり0点。次の4Sにコンボをつけられず7位に。日本代表は18ポイント獲得。

ネイサン・チェン選手は4Lz+3Tを4F+3Tに変更し4F+3T 4T 3Aというジャンプ構成。世界フィギュアで転倒した最後の3Aも堪えて着氷。

アメリカはジェイソン・ブラウン選手の5位と合わせて19ポイント獲得。

上位選手と日本代表の選手の得点と技術点・演技構成点・ジャンプの構成を一番下に掲載しています。

明日のフリーの滑走順はこちら↓
国別対抗戦2017 男子フリーの滑走順と演技開始時間

SP順位 選手 得点 P
1 宇野昌磨 日本 103.53 12
2 ネイサン・チェン アメリカ 99.28 11
3 ボーヤン・ジン 中国 97.98 10
4 ミハイル・コリヤダ ロシア 95.37 9
5 ジェイソン・ブラウン アメリカ 94.32 8
6 パトリック・チャン カナダ 85.73 7
7 羽生結弦 日本 83.51 6
8 シャフィク・ベセギエ フランス 81.93 5
9 ケビン・エイモズ フランス 67.23 4
10 タンシュ・リ 中国 65.24 3
11 マキシム・コフトゥン ロシア 64.62 2
12 ケヴィン・レイノルズ カナダ 61.88 1

上位選手・日本代表選手のSPの得点・技術点・演技構成点・ジャンプの構成
宇野昌磨:103.53点
(技術点:56.79点 演技構成点:46.74点 減点:0.00点)
4F 4T-2T / 3A
4Fは堪えて着氷。4T+3Tは2Tになったものの自己ベストに迫るスコアで大きなミスなくまとめました。

ネイサン・チェン:99.28点
(技術点:57.17点 演技構成点:42.11点 減点:0.00点)
4F+3T 4T 3A
足の故障でルッツを回避。それでも99点台の高得点。

ボーヤン・ジン:97.98点
(技術点:56.12点 演技構成点:41.86点 減点:0.00点)
4Lz+3T 3A 4T
コンビネーションジャンプは壁ぎりぎりで着氷。3Aは堪え。

羽生結弦:83.51点
(技術点:37.62点 演技構成点:45.89点 減点:0.00点)
1Lo 4S 3A
4Loの抜け、コンボ抜けでSP7位。コンボ分とシングルジャンプで2つのジャンプの得点が0点になるも80点台のスコアで7位。