フィギュアスケートの世界選手権、世界フィギュアスケート選手権2017の女子ショートの結果・順位・得点を速報&実況でお届けします。

ヘルシンキワールドの女子SPは3/29の16時40分(日本時間)スタートです。

次の冬季オリンピック、韓国・平昌オリンピック2018の日本代表の出場枠がかかる世界フィギュア、日本代表は宮原知子選手の欠場により三原舞依選手・樋口新葉選手・本郷理華選手の3人がエントリーしています。

女子フリーの結果の実況はこちら↓
世界フィギュア選手権2017 女子フリーの結果

世界フィギュア選手権2017 女子ショートの結果

World Figure Skating Championships 2017
開催地:ヘルシンキ(フィンランド)
日程:2017年3月29日~2017年4月2日

世界フィギュアスケート選手権2017 ヘルシンキワールドの日程と時間

2017年3月29日(水曜日)
16:40~ 女子ショートプログラム

世界選手権2017 女子ショートプログラムの結果・リザルト

ロシアのエフゲーニャ・メドベージェワ選手がすべて後半に入れたジャンプをクリーンに着氷。PBに近いスコアでSP1位。

カナダのケイトリン・オズモンド選手がノーミスの演技。TESは40点台に。自己ベストを更新しています。

樋口新葉選手は冒頭の2Aをきれいに着氷。後半の3Lz-3T、3Fも着氷し今季苦しんだジャンプを3本そろえて見せました。ステップはレベル4に速報値で1.3点の加点。

本郷理華選手はジャンプをすべて着氷。TES速報値が2点ほど下がったのは3T-3Tのセカンドジャンプが回転不足か。

三原舞依選手は3Lz-3Tなどクリーンな演技を見せていましたが最後の2Fで転倒し悔しい表情。2Fはinvalid element=SPの要件の3回転の単独ジャンプを満たさず0点。

3枠獲得へは9位+12位=21で13以内には届かず黄信号。

上位選手と日本代表の選手は演技構成・技術点・演技構成点を一番下に掲載しています。

SP順位 選手 得点 FS進出
1 エフゲーニャ・メドベージェワ ロシア 79.01 Q
2 ケイトリン・オズモンド カナダ 75.98 Q
3 ガブリエル・デールマン カナダ 72.19 Q
4 アンナ・ポゴリラヤ ロシア 71.52 Q
5 カレン・チェン アメリカ 69.98 Q
6 マリア・ソツコワ ロシア 69.76 Q
7 アシュリー・ワグナー アメリカ 69.04 Q
8 カロリーナ・コストナー イタリア 66.33 Q
9 樋口新葉 日本 65.87 Q
10 エリザヴェート・トゥルシンバエワ カザフスタン 65.48 Q
11 チェ・ダビン 韓国 62.66 Q
12 本郷理華 日本 62.55 Q
13 マライア・ベル アメリカ 61.02 Q
14 イヴェット・トス ハンガリー 61.00 Q
15 三原舞依 日本 59.59 Q
16 李香凝(り こうぎょう) 中国 58.28 Q
17 ロエナ・ヘンドリックス ベルギー 57.54 Q
18 ニコル・ラジコワ スロバキア 57.08 Q
19 カイラニ・クレイン オーストラリア 56.97 Q
20 李子君(ジジュン・リー) 中国 56.30 Q
21 アンゲリーナ・クチヴァルスカ ラトビア 55.92 Q
22 ローリン・レカヴェリエ フランス 55.49 Q
23 アナスタシア・ガルスチャン アルメニア 55.20 Q
24 ニコル・ショット ドイツ 54.83 Q
25 シューラン・ユー シンガポール 52.87
26 ヨシ・ヘルゲソン スウェーデン 52.07
27 ヘラリー・ハルヴィン エストニア 51.94
28 エイミー・リン 台湾 51.86
29 エミー・ペルトネン フィンランド 50.74
30 イサドラ・ウィリアムズ ブラジル 50.65
31 ケルシュティン・フランク オーストリア 50.54
32 ナターシャ・マッケイ イギリス 50.10
33 ヤスミン・キミコ・ヤマダ スイス 47.86
34 アンネ・リネ・ヤシェム ノルウェー 46.99
35 アンナ・フニチェンコワ ウクライナ 46.98
36 ダーシャ・ゲルム スロベニア 46.63
37 ミハエラ・ルチエ・ハンズリコヴァー チェコ 32.21

上位選手・日本代表選手の得点・技術点・演技構成点・ジャンプの構成
ここに掲載しきれない選手は得点・技術点・演技構成点をTwitterでつぶやいています。@figureskate_55

エフゲーニャ・メドベージェワ:79.01点
(技術点:42.1点 演技構成点:36.91点 減点:0.00点)

3F-3T 3Lo 2A
ジャンプはすべて後半。79.21点のPBにはわずかに届かなかったもののTESは欧州選手権に続いて42点超。

ケイトリン・オズモンド:75.98点
(技術点:41.23点 演技構成点:34.75点 減点:0.00点)

3F-3T 3Lz / 2A
ノーミスの演技で自己ベストを更新。全ての要素が1.00以上の加点。

ガブリエル・デールマン:72.19点
(技術点:39.19点 演技構成点:33点 減点:0.00点)

3T-3T / 3Lz 2A
冒頭の3T-3Tは大きな加点のつく出来栄え。2.10点の加点。

樋口新葉:65.87点
(技術点:36.84点 演技構成点:29.03点 減点:0.00点)
2A / 3Lz-3T 3F
ノーミスの演技を見せるも自己ベストには届かず。スピンでレベルの取りこぼしがありフリップはGOEマイナスの評価。

本郷理華:62.55点
(技術点:31.45点 演技構成点:31.1点 減点:0.00点)
3F / 3T-3T 2A
3T-3Tのセカンドジャンプがおそらく回転不足。PB69.89には届かなかったものの今季不調だったジャンプを3本とも着氷。

三原舞依:59.59点
(技術点:30.88点 演技構成点:29.71点 減点:1.00点)
3Lz-3T / 2A 2F
最後の2Fで転倒。3F→2FでSPの要件の2回転以上のアクセル1つ、ステップからの3回転以上のジャンプ、コンビネーションジャンプという要件のステップからの3回転以上のジャンプを満たさず0点に。