韓国・江陵で開催される四大陸フィギュアスケート選手権2017、四大陸選手権の女子ショートの滑走順と結果の実況・速報をこちらでお届けします。

女子ショートプログラムの滑走順抽選は2017/2/15、試合は2/16に開催されました。

結果は滑走順の下に掲載してます。

日本代表は宮原知子選手が欠場、三原舞依選手・樋口新葉選手・本郷理華選手の3人が出場します。

↓フリーの結果は2/18 18時から実況でお届けします↓
四大陸フィギュアスケート選手権2017 女子フリーの結果

四大陸フィギュアスケート選手権2017 女子ショートの滑走順と演技開始時間

ISU Four Continents Championships 2017
四大陸フィギュアスケート選手権
日程:2017/2/15 – 2017/2/19
開催国・開催地:韓国・江陵

四大陸フィギュアスケート選手権2017 日程と時間・テレビ放送予定

※タイムスケジュールは日本時間の24時間表記です
エントリー人数の増減などにより変更になる場合があります

女子SPの日程:2017/2/16
18:30 – 21:44 女子 ショートプログラム

まずは2/15の15時30分から行われた滑走順抽選の結果です。

日本代表は三原舞依選手が前半グループ、樋口新葉選手と本郷理華選手は後半グループに登場します。

滑走順 演技開始時間 出場選手
18:30:00 第1グループ
1 18:37:30 エイミー・リン 台湾
2 18:44:00 シューラン・ユー シンガポール
3 18:50:30 Maisy Hiu Ching MA 香港
4 18:57:00 カイラニ・クレイン オーストラリア
5 19:03:30 Brooklee HAN オーストラリア
19:10:00 第2グループ
6 19:17:30 李香凝(り こうぎょう) 中国
7 19:24:00 趙子セン(チョウ・シセン) 中国
8 19:30:30 ソン・シュヒョン 韓国
9 19:37:00 三原舞依 日本
10 19:43:30 ミカエラ・デュ・トイ 南アフリカ
11 19:50:00 クロエ・イング シンガポール
19:56:30 製氷
20:11:30 第3グループ
12 20:19:00 樋口新葉 日本
13 20:25:30 マライア・ベル アメリカ
14 20:32:00 チェ・ダビン 韓国
15 20:38:30 キム・ナヒョン 韓国
16 20:45:00 李子君(ジジュン・リー) 中国
17 20:51:30 アレーヌ・シャルトラン カナダ
20:58:00 第4グループ
18 21:05:30 本郷理華 日本
19 21:12:00 カレン・チェン アメリカ
20 21:18:30 長洲未来 アメリカ
21 21:25:00 ケイトリン・オズモンド カナダ
22 21:31:30 ガブリエル・デールマン カナダ
23 21:38:00 エリザヴェート・トゥルシンバエワ カザフスタン

四大陸フィギュアスケート選手権2017 女子ショートの結果と順位・得点

四大陸選手権2017
女子シングル ショートプログラムの結果・リザルト
2016年2月16日

女子SPは2/16の18:30から行われました。

ガブリエル・デールマン選手は3Lzの着氷は堪えたものの幅のある3T+3Tなど勢いのある演技でSP1位。

優勝候補のオズモンド選手は最後のダブルアクセルで転倒こそあったもののスピードのある滑り、冒頭の3F+3Tなど得点源のジャンプはきっちり決めました。

カザフスタンのエリザヴェート・トゥルシンバエワ選手はノーミスの演技に加えて両手を上げるなど加点のつくジャンプでSP3位。

三原舞依選手はノーミスの演技でガッツポーズ!自己ベストは更新できませんでしたがショートでいいスタート。

日本人選手と後半の上位選手は結果の下に技術点と演技構成点、ジャンプの構成を掲載しています。

↓フリーの結果は2/18 18時から実況でお届けします↓
四大陸フィギュアスケート選手権2017 女子フリーの結果

フリーの滑走順はこちら↓
四大陸フィギュアスケート選手権2017 女子フリーの滑走順と演技の開始時間

SP順位 選手 得点
1 ガブリエル・デールマン カナダ 68.25
2 ケイトリン・オズモンド カナダ 68.21
3 エリザヴェート・トゥルシンバエワ カザフスタン 66.87
4 三原舞依 日本 66.51
5 長洲未来 アメリカ 62.91
6 チェ・ダビン 韓国 61.62
7 マライア・ベル アメリカ 61.21
8 李子君(ジジュン・リー) 中国 60.37
9 本郷理華 日本 59.16
10 樋口新葉 日本 58.83
11 李香凝(り こうぎょう) 中国 55.73
12 カレン・チェン アメリカ 55.60
13 カイラニ・クレイン オーストラリア 54.70
14 アレーヌ・シャルトラン カナダ 53.64
15 趙子セン(チョウ・シセン) 中国 49.97
16 Brooklee HAN オーストラリア 48.44
17 キム・ナヒョン 韓国 45.95
18 エイミー・リン 台湾 45.40
19 メイシー・ヒューチン・マ 香港 43.55
20 シューラン・ユー シンガポール 43.26
21 クロエ・イング シンガポール 41.61
22 ソン・シュヒョン 韓国 38.61
23 ミカエラ・デュ・トイ 南アフリカ 33.39

本郷理華選手は冒頭のジャンプがダブルになるミスはありましたがしっかりコンボは付け最後のジャンプをルッツに変更して少しでも得点を伸ばすなど冷静にまとめています。

樋口新葉選手は冒頭のダブルアクセルの着氷で足が引っかり、後半に入れている3Lz+3Tでは転倒し悔しい表情をみせました。

全米での飛躍で活躍が期待されたカレン・チェン選手はジャンプで転倒などのミスがありナショナルのような会心の演技とはいきませんでした。

ショートの得点と技術点・演技構成点

ガブリエル・デールマン:68.25点
(技術点:36.97点 演技構成点:31.28点 減点:0.00点)
3T+3T 3Lz 2A
非常に幅のある3T-3T、3Lzはお手付きも全体的に勢いがあり僅差でトップ。プロトコルもクリーン。

ケイトリン・オズモンド:68.21点
(技術点:36.42点 演技構成点:32.79点 減点:1.00点)
3F+3T 3Lz 2A
ダブルアクセルで転倒したものの冒頭の3-3は勢いがあり全体的にスピード感のある演技。ルッツは”!”

エリザヴェート・トゥルシンバエワ:66.87点
(技術点:37.53点 演技構成点:29.34点 減点:0.00点)
3Lz+3T 3Lo 2A
ノーミスの演技に加えてすべてのジャンプが両手タノ。すべての要素に加点。

三原舞依:66.51点
(技術点:37.31点 演技構成点:29.20点 減点:0.00点)
3Lz+3T 2A 3F
高い技術点、3-3と3Fは1.10の加点。あとは演技構成点が伸びればもっと上位に上がれそう。

本郷理華:59.16点
(技術点:29.66点 演技構成点:29.50点 減点:0.00点)
2F+3T 3Lz 2A
エッジエラー(!)に回転不足とジャンプに苦しんだもののステップは 1.20点の加点と高い評価。

樋口新葉:58.83点
(技術点:31.44点 演技構成点:28.39点 減点:1.00点)
2A 3Lz+3T 3F
3回転のコンビネーションジャンプの後に転倒、2Aの着氷も詰まり得点は伸びず。得意のジャンプがすべてGOEマイナスと悔しい結果に。