フィギュアスケートの大陸別団体戦「チームチャレンジカップ2016」の男子フリーの結果です。

日本の宇野昌磨選手がチームアジアの一員として出場しています。

3大陸対抗戦の2日目はフリーの団体戦です。

3グループに分かれて演技を行いグループ内の順位に応じてポイントが加算されます。

フィギュアスケート チームチャレンジカップ2016男子フリーの結果

コーセー・チームチャレンジカップ2016
2016/4/23(日本時間2016/4/24)
男子シングル フリースケーティングの結果

1グループではチームアジアのデニス・テン選手が1位です。

順位 選手 チーム 得点
1位 デニス・テン カザフスタン アジア 147.77
2位 セルゲイ・ボロノフ ロシア 欧州 132.79
3位 ナム・グエン カナダ 北米 127.10

第2グループではチーム北米・アメリカのアダム・リッポン選手が1位、中国のボーヤン・ジン選手は3位に終わりました。

順位 選手 チーム 得点
1位 アダム・リッポン アメリカ 北米 166.68
2位 ミハル・ブジェジナ チェコ 欧州 158.30
3位 ボーヤン・ジン 中国 アジア 156.71

グループ3ではチームアジア・日本の宇野昌磨選手が自己ベストを更新して1位になりました。

順位 選手 チーム 得点
1位 宇野昌磨 日本 アジア 192.92
2位 ジェイソン・ブラウン アメリカ 北米 181.50
3位 ミハイル・コリヤダ ロシア 欧州 165.48

フィギュアスケート大陸別団体戦2016 チームチャレンジカップ男子フリーの獲得ポイント

3グループ全ての演技が終わり男子フリーではチームアジアが32点と一番多いポイントを獲得しました。

↓団体戦の結果はこちら↓
>>フィギュアスケート大陸別団体戦チームチャレンジカップ2016 結果とポイント

チーム得点 男子FS
アジア 32
北米 30
欧州 28