フィギュアスケートのオンドレイ・ネペラ杯2017の男子ショートの結果・順位・スコアをお届けします。

オンドレイ・ネペラトロフィーの男子SPではロシアのセルゲイ・ボロノフ選手が1位、日本の田中刑事選手が4位、日野龍樹選手が6位という結果でフリーを迎えています。

フィギュアスケート・オンドレイ・ネペラ杯2017 男子フリーの結果と順位

ISU チャレンジャーシリーズ オンドレイ・ネペラ杯2017
ISU CS Ondrej Nepela Trophy 2017 ISU Challenger Series
開催国・開催地:スロバキア・ブラチスラヴァ
日程:2017月9月23日 日本時間:26時00分~29時20分

男子フリースケーティングは日本時間2017年9月23日の26時ごろから試合が行われました。

優勝はロシアのミハイル・コリヤダ選手。SPでは10位でしたがFSの冒頭で4回転ルッツを着氷、その後4Sと4Tは転倒しましたが2位に約30点の差をつける181.16点の演技で優勝しました。

日本の田中刑事選手、日野龍樹選手は二人ともFSで大きく順位を落とし、8位・11位という結果に。

田中刑事選手は3回の転倒で4点の減点とGOEのマイナス。さらに4Sと3Aが2本とも単独になったことでの基礎点の減点がありました。

日野龍樹選手は4回の転倒。4Tと3Loは回転が足りずダウングレード判定。3Fにはeが付くなど苦しいフリーになりました。

順位 選手 得点 SP FS
1 ミハイル・コリヤダ ロシア 247.81 10 1
2 セルゲイ・ボロノフ ロシア 234.07 1 2
3 ブレンダン・ケリー オーストラリア 221.21 5 3
4 グラント・ホッホスタイン アメリカ 217.52 2 6
5 アレクサンドル・サマリン ロシア 213.67 3 5
6 ニコラス・ナデュー カナダ 205.97 8 4
7 シャフィク・ベセギエ フランス 203.69 7 7
8 田中刑事 日本 197.18 4 9
9 イワン・パブロフ ウクライナ 187.16 9 10
10 キム・ジンソ 韓国 184.46 14 8
11 日野龍樹 日本 184.33 6 11
12 Burak DEMIRBOGA トルコ 181.24 11 13
13 スラビク・ハイラペティアン アルメニア 181.18 12 12
14 チンイー・ツァオ(曹志禕) 台湾 178.94 13 14
15 Lukas BRITSCHGI スイス 162.06 15 15
16 Engin Ali ARTAN トルコ 155.15 16 17
17 Michael NEUMAN スロバキア 147.58 18 16
18 Jan KURNIK チェコ 146.58 17 18
19 Marco ZANDRON イタリア 133.49 22 19
20 Alexander MASZLJANKO ハンガリー 131.64 21 20
21 マルコ・クレポック スロバキア 130.96 20 21
22 ヤクブ・クルスナク スロバキア 121.48 19 22
23 Albert MÜCK オーストリア 102.22 23 23