平昌オリンピック2018(ピョンチャンオリンピック)は韓国で開催される次の冬季オリンピックです。

この平昌五輪のフィギュアスケート男子の日本代表の候補になる選手を紹介します。

男子フィギュアの日本代表は世界選手権2017で羽生結弦選手が金メダル、宇野昌磨選手が銀メダルを獲得し五輪のメダル候補筆頭。

平昌オリンピックのフィギュアスケートの日本代表の選考条件はまだ発表されていませんがソチ五輪や近年の世界フィギュアの選考条件から予想してお届けします。

男子の日本代表の出場枠は3枠。最終選考会は12月に開催される全日本フィギュアスケート選手権です。

男子・女子

平昌オリンピック2018 フィギュアスケート男子の日本代表の候補選手

第23回オリンピック冬季競技大会 XXIII Olympic Winter Games
Pyeongchang 2018 平昌オリンピック
開催国・開催地:大韓民国江原道平昌
会場:江陵アイスアリーナ

実績から考えて大きな怪我がなければ羽生結弦選手と宇野昌磨選手の日本代表入りの可能性はほぼ100%といえると思います。

自己ベストでは3番手の無良崇人選手と50点以上の差があり全日本選手権でいくつかミスがあったとしても表彰台に上がる実力があるため例年選考基準に上がる全日本の表彰台や入賞といった条件はクリアできるという予想です。

あと1枠は昨年の全日本2位の田中刑事選手、四大陸選手権優勝の経験もありPBは日本3番手の無良崇人選手、怪我明けの村上大介選手での争いになると思われます。

平昌オリンピック 男子フィギュア日本代表選手の候補 羽生結弦

羽生結弦選手の自己最高得点:330.43

平昌オリンピックの金メダリストで平昌直前の世界選手権2017優勝、ショート・フリー・トータルスコアの世界歴代最高得点を持つ羽生結弦選手は日本代表補の筆頭。

4回転ジャンプは4回転トーループ、サルコウ、ループの3種類を前季のプログラムに入れておりフリーではフリーでは4本の4回転ジャンプを構成に入れていました。

日本代表候補、そして平昌五輪の金メダル候補です。

フリーの自己ベスト:223.20点(世界選手権2017)
(技術点:126.12点 演技構成点:97.08点)
ジャンプの構成
4Lo 4S 3F / 4S-3T 4T 3A-2T 3A-1Lo-3S 3Lz

平昌オリンピック 男子フィギュア日本代表選手の候補 宇野昌磨

宇野昌磨選手の自己最高得点:319.31

2017年の世界フィギュア銀メダリスト、2016年の全日本フィギュア優勝の宇野昌磨選手もPBを319.31点まで伸ばし日本代表入りは濃厚。

2016-17シーズンにPBを40点以上伸ばし4回転ジャンプは4回転トーループ、フリップに加えシーズン中に4回転ループもフリーに取り入れました。

シーズン前半はコンビネーションジャンプでのミスが多くありましたがそれでも安定して280点台のスコアを残しここ一番の世界フィギュアでは319.31点までPBを伸ばしています。

フリーの自己ベスト:214.45点(世界選手権2017)
(技術点:120.03点 演技構成点:94.42点)
ジャンプの構成
4Lo 4F 3Lz / 3A-3T 4T 4T-2T 3A-1Lo-3F 3S

平昌オリンピック 男子フィギュア日本代表選手の候補 田中刑事

田中刑事選手の自己最高得点:248.44

2016年に全日本選手権で2位に入り初の世界フィギュア日本代表に選ばれたのが田中刑事選手。

NHK杯でシニアのグランプリシリーズ初の表彰台を獲得し波に乗りました。

4回転ジャンプは4回転サルコウをプログラムに入れています。

フリーの自己ベスト:167.95点(NHK杯2016)
(技術点:87.79点 演技構成点:80.16点)
ジャンプの構成
4S 4S-2T 3A / 3F-3T 3A-2T-2Lo 3Lz 3Lo 3S

平昌オリンピック 男子フィギュア日本代表選手の候補 無良崇人

無良崇人選手の自己最高得点:268.43

26歳のベテラン選手の無良崇人選手は2016-17シーズンこそPB更新はなりませんでしたが2013年の四大陸選手権で優勝しています。

全日本選手権では2年連続3位、世界選手権は3度出場し2013年の8位が最上位です。

自己ベストでは現役の日本人選手で3位なのでジャンプがはまればというところ。4回転ジャンプは4Tを構成に入れています。

フリーの自己ベスト:179.35点(四大陸選手権2016)
(技術点:87.79点 演技構成点:80.16点)
ジャンプの構成
4T 4T-2T 3A 3S / 3A+3T 3Lo 3F+1Lo+2S 3Lz

平昌オリンピック 男子フィギュア日本代表選手の候補 村上大介

村上大介選手の自己最高得点:256.47

2016-17シーズンは故障でほぼ試合に出場できなかった村上大介選手も26歳。

世界選手権の出場経験はありませんが2014年のNHK杯で優勝、2015年はグランプリファイナルに出場しています。

4回転ジャンプは4回転サルコウを構成に入れています。

フリーの自己ベスト:173.61点(四大陸選手権2015)
(技術点:91.47点 演技構成点:82.14点 減点:0.00点)
ジャンプの構成
4S 4S+2T 3A+2T 3A / 3Lz 3Lo 3F 3S
コンボ1抜けです。