韓国・平昌オリンピック2018のフィギュアスケートの団体戦の出場国・エントリーです。

団体戦の出場権は2017年12月に行われるグランプリファイナルの結果で確定しますが現時点で既に出場資格を満たしている国を紹介します。

団体戦の出場条件については↓にまとめています。
平昌オリンピック2018 フィギュアスケートの団体戦の出場国の数・出場条件

ざっくりいうと男子・女子・ペア・アイスダンスのうち3つ以上のカテゴリーで出場枠を獲得した国の中で国のポイントランキング上位10ヶ国が出場できる、ということになっています。

ポイントランキングの〆が12月まで行われるグランプリシリーズ2017なので出場国が確定するのはそれ以降になります。

平昌オリンピック2018 フィギュアスケートの団体戦の出場国・エントリー

第23回オリンピック冬季競技大会 XXIII Olympic Winter Games
Pyeongchang 2018 平昌オリンピック
開催国・開催地:大韓民国江原道平昌
会場:江陵アイスアリーナ

ポイントランキング上位10ヶ国入りが確定した国
・ロシア
・カナダ

この2つの国は全カテゴリーで出場枠を獲得している上にポイント差により12月のグランプリシリーズ終了を待たずにポイントランキング上位10ヶ国入りが確定しており出場条件を満たし参加資格を得ています。

9/30時点のポイントランキング上位10ヶ国、残り8ヶ国は以下の国です
・アメリカ
・日本
・中国
・フランス
・イタリア
・ドイツ
・韓国
・イスラエル

日本は3246P、10位のイスラエルは1361Pと日本の団体戦の出場はほぼ確実という状況です。

団体戦の出場国が決まったら次に気になるのは出場選手。

エントリーが発表される日が楽しみです。