世界フィギュアスケート選手権2017、ヘルシンキワールドで枠取りが行われた平昌オリンピック2018・世界フィギュア2018の日本代表の出場枠をまとめてお届けします。

韓国で開催される次の冬季オリンピック「平昌オリンピック」のフィギュアスケートの出場枠は世界フィギュアの出場枠争いと同じく世界選手権で争われます。

最大の出場枠は3枠。3枠獲得すれば男子・女子のシングルは3人、ペア・アイスダンスは3組の選手を派遣することができます。

枠取りの結果、日本代表の代表枠はいくつになったのでしょうか。

↓他国も含めた出場枠についてはこちら↓
平昌オリンピック2018 フィギュアスケートの各国の出場枠

平昌オリンピック2018・世界フィギュア2018の日本代表の出場枠

第23回オリンピック冬季競技大会 XXIII Olympic Winter Games
Pyeongchang 2018 平昌オリンピック
開催国・開催地:大韓民国・江原道平昌
会場:江陵アイスアリーナ

オリンピックと世界選手権の出場枠は3枠・2枠の国は同じ計算方法で決まります。

1枠の場合は世界選手権はミニマムスコアをクリアしていれば各国1枠は出場枠を得られるのに対し五輪の場合は上限が決まっているという違いがあります。

平昌オリンピックの出場枠の条件に付いてはこちら↓
韓国・平昌オリンピック2018 フィギュアスケートの出場枠”3枠”の条件

平昌オリンピック2018・世界フィギュア2018 男子の日本代表の出場枠

五輪:3枠
世界フィギュア:3枠

日本代表の男子フィギュアは羽生結弦選手の優勝、宇野昌磨選手の2位と1-2で3枠を獲得。

田中刑事選手は19位でした。

世界フィギュア選手権2017 男子フリーの結果

平昌オリンピック2018・世界フィギュア2018 女子の日本代表の出場枠

五輪:2枠
世界フィギュア:2枠

日本代表は三原舞依選手が5位、樋口新葉選手が11位、本郷理華選手が15位で5+11の16と13以内という条件を満たせず2枠が確定しました。

世界フィギュア選手権2017 女子フリーの結果

平昌オリンピック2018・世界フィギュア2018 ペアの日本代表の出場枠

五輪:0枠(現状)
世界フィギュア:1枠

日本代表の須藤澄玲 / フランシス・ブードロ・オデ組はショート17位で3/30のフリーに進出できず来年の世界フィギュアの出場枠は1枠です。

オリンピックに出場できるペアは20組と上限がありこのうち16枠を世界フィギュアで争います。

フリーの結果、この枠がすべて埋まってしまったため日本代表のペアの出場枠は現状0、予選のネーベルホルン杯2017でのこりの枠取りが行われます。

平昌オリンピック2018・世界フィギュア2018 アイスダンスの日本代表の出場枠

五輪:0枠(現状)
世界フィギュア:1枠

日本代表の村元哉中 / クリスリード組はSP23位でフリーに進出できず来年の世界フィギュアの出場枠は1枠です。

出場選手の上限のある平昌五輪はアイスダンスの出場枠は24、このうち19枠を世界フィギュアで争いましたが日本代表のアイスダンスの出場枠は0。

予選のネーベルホルン杯2017でのこりの枠取りが行われます。