フィギュアスケートの四大陸選手権2017、四大陸フィギュアスケート選手権の男子・女子・ペア・アイスダンスの結果と順位・得点をまとめてお届けします。

今年の会場は韓国・江陵アイスアリーナ、平昌オリンピックのリンクとあって注目の大会。

日本代表も羽生結弦選手・宇野昌磨選手ら主力の選手が揃いました。

↓2/19 11時から男子フリーの結果を実況しました↓
四大陸フィギュアスケート選手権2017 男子フリーの結果

四大陸選手権2017 韓国の四大陸フィギュアの結果と順位・得点

ISU Four Continents Championships 2017
四大陸フィギュアスケート選手権
日程:2017/2/15 – 2017/2/19
開催国・開催地:韓国・江陵

こちらでは上位選手の結果をお届けします。

全員の結果はショート・フリーのリンク先のページでご確認ください。

四大陸選手権2017 男子シングルの結果と順位・得点

優勝はアメリカのネイサン・チェン選手。4回転ジャンプを4種5本入れる難易度の高い構成でSP・FSともに100点超。

日本の羽生結弦選手はFSでは1位でしたがSPの6点差は埋められず。宇野昌磨選手が3位で日本人のW表彰台です。

順位 選手 得点
1 ネイサン・チェン アメリカ 307.46
2 羽生結弦 日本 303.71
3 宇野昌磨 日本 288.05
4 パトリック・チャン カナダ 267.98
5 ボーヤン・ジン 中国 267.51
6 ジェイソン・ブラウン アメリカ 245.85

FSの順位と全員の結果:四大陸フィギュアスケート選手権2017 男子フリーの結果
男子SPの全員の結果:四大陸フィギュアスケート選手権2017 男子ショートの滑走順と結果

四大陸選手権2017 女子シングルの結果と順位・得点

日本代表の三原舞依選手がフリーの自己ベストを大きく更新して自身初のTTL200点台に乗せ初優勝。

ガブリエル・デールマン選手が2位、FSのPB更新のアメリカ・長洲未来選手が3位に入りました。

順位 選手 得点
1 三原舞依 日本 200.85
2 ガブリエル・デールマン カナダ 196.91
3 長洲未来 アメリカ 194.95
4 ケイトリン・オズモンド カナダ 184.17
5 チェ・ダビン 韓国 182.41
6 マライア・ベル アメリカ 177.10

FSの順位と全員の結果:四大陸フィギュアスケート選手権2017 女子フリーの結果
女子SPの全員の結果:四大陸フィギュアスケート選手権2017 女子ショートの滑走順と結果

四大陸選手権2017 ペアの結果と順位・得点

優勝はウェンジン・スイ / ツォン・ハン組(中国)です。

カナダのメーガン・デュアメル / エリック・ラドフォード組が2位に入りました。

日本代表の須藤澄玲 / フランシス・ブードロ・オデ組は10位、須崎海羽 / 木原龍一組は13位です。

順位 選手 得点
1 ウェンジン・スイ / ツォン・ハン 中国 225.03
2 メーガン・デュアメル / エリック・ラドフォード カナダ 212.23
3 リュボーフィ・イリュシェチキナ / ディラン・モスコビッチ カナダ 205.31
4 シャオユー・ユー / ハオ・ジャン 中国 203.40
5 チェン・ペン / ヤン・ジン 中国 202.92
6 アレクサ・シメカ・クニエリム / クリス・クニエリム アメリカ 193.91

全員の結果:四大陸フィギュアスケート選手権2017 ペアフリーの滑走順と結果
ペアSPの全員の結果:四大陸フィギュアスケート選手権2017 ペアショートの滑走順と結果

四大陸選手権2017 アイスダンスの結果と順位・得点

優勝ははテッサ・ヴァーチュ / スコット・モイア組(カナダ)です。

上位を北米のアメリカ・カナダが占める結果になりました。

日本代表の村元哉中 / クリスリード組は9位、平井絵己 / マリオン デ・ラ・アソンション組は12位です。

順位 選手 得点
1 テッサ・ヴァーチュ / スコット・モイア カナダ 196.95
2 マイア・シブタニ / アレックス・シブタニ アメリカ 191.85
3 メディソン・チョーク / エヴァン・ベイツ アメリカ 185.58
4 マディソン・ハベル / ザカリー・ダナヒュー アメリカ 180.82
5 ケイトリン・ウィーバー / アンドリュー・ポジェ カナダ 180.09
6 パイパー・ギレス / ポール・ポワリエ カナダ 170.14

全員の結果:四大陸フィギュアスケート選手権2017 フリーダンスの滑走順と結果
SDの全員の結果:四大陸フィギュアスケート選手権2017 ショートダンスの滑走順と結果