フィギュアスケートの全米選手権、全米フィギュアスケート選手権大会2017の男子フリーの滑走順と結果をこちらにまとめて掲載します。

アメリカのナショナル、男子FSが行われるのは日本時間の1/23の早朝です。

前回大会優勝のアダム・リッポン選手は故障により欠場です。

全米フィギュアスケート選手権2017 男子フリーの日程と滑走順

2017 U.S Figure Skating Championships
日程:2017/01/14 ~ 2017/01/22
開催地:ミズーリ州カンザスシティ

全米フィギュアスケート選手権2017 日程と時間 出場選手・滑走順・結果

男子シングル フリースケーティング
日程:2017年1月23日
時間:04:00~

男子シングル・フリースケーティングの滑走順

滑走順 選手 SP順位
1 Sebastien Payannet 21
2 大森勝太朗 20
3 Daniel Kulenkamp 17
4 オレクセイ・メルニク 19
5 デニス・ファン 18
6 マックス・アーロン 12
7 Jimmy Ma 15
8 Scott Dyer 16
9 ショーン・ラビット 11
10 樋渡知樹 13
11 ケヴィン・シャム 14
12 エマニュエル・セイヴァリー 10
13 アレクサンダー・ジョンソン 9
14 Jordan Moeller 8
15 ティモシー・ドレンスキー 6
16 アンドリュー・トルガシェフ 7
17 ジェイソン・ブラウン 4
18 グラント・ホッホスタイン 5
19 ロス・マイナー 2
20 ネイサン・チェン 1
21 ヴィンセント・ゾウ 3

全米フィギュアスケート選手権2017 男子フリーの結果・リザルト

全米フィギュアの男子SPの結果は1/23の4時から試合が行われました。

優勝はFSでも大台突破の212.08点を出したネイサン・チェン選手。これで名実ともにアメリカのエースになったといえそうです。

2位は今季ジュニアグランプリシリーズで二度表彰台に上がったヴィンセント・ゾウ選手。ISU非公認ながら226.39点の自己ベストをシニアの舞台で大きく更新。

3位にFSで順位を上げたジェイソン・ブラウン選手が入りました。

世界フィギュア2017=ヘルシンキワールドの男子アメリカ代表の出場枠は2枠です。

順位 選手 得点 SP FS
1 ネイサン・チェン 318.47 1 1
2 ヴィンセント・ゾウ 263.03 3 2
3 ジェイソン・ブラウン 254.23 4 3
4 グラント・ホッホスタイン 248.31 5 4
5 ロス・マイナー 240.34 2 8
6 アレクサンダー・ジョンソン 233.39 9 5
7 ティモシー・ドレンスキー 228.76 6 9
8 ショーン・ラビット 228.02 11 7
9 マックス・アーロン 227.8 12 6
10 Jordan Moeller 225.85 8 10
11 アンドリュー・トルガシェフ 225.35 7 11
12 ケヴィン・シャム 205.69 14 12
13 エマニュエル・セイヴァリー 200.73 10 16
14 Scott Dyer 199.47 16 14
15 樋渡知樹 196.09 13 18
16 Daniel Kulenkamp 193.74 17 15
17 大森勝太朗 191.53 20 13
18 オレクセイ・メルニク 184.31 19 17
19 デニス・ファン 181.14 18 19
20 Jimmy Ma 181.07 15 21
21 Sebastien Payannet 170.56 21 20

↓世界選手権のアメリカ代表選考の結果はこちら↓
世界フィギュアスケート選手権2017 ヘルシンキワールドのアメリカ代表