フィギュアスケートの全日本選手権、全日本フィギュアスケート選手権2016、通称・全日本フィギュアの女子ショートの結果を速報&実況でお届けします。

全日本フィギュアの女子SPは12/24に開催、テレビ放送は当日の夜と録画放送です。

ショートには30人の選手が登場し上位24人が明日のフリーに進出できます。

優勝経験者は浅田真央選手と2連覇中の宮原知子選手。シニアのGPSで活躍した樋口新葉選手、三原舞依選手、ジュニアの坂本花織選手や本田真凜選手など注目選手の多い女子フィギュアがいよいよ始まります。

フリーの結果はこちら↓
全日本フィギュアスケート選手権2016 女子フリーの結果

全日本フィギュアスケート選手権2016 女子ショートの結果

第85回全日本フィギュアスケート選手権大会
開催地:大阪府門真市
会場:東和薬品RACTAB(ラクタブ)ドーム(旧なみはやドーム)

2016年12⽉24⽇(土)
13:45~ 女子シングル ショートプログラム

↓その他のクラスの滑走順・日程・結果はこちらから↓
全日本フィギュアスケート選手権2016の日程と時間 滑走順・結果

全日本フィギュア2016 女子ショートの結果・リザルト
トップは現女王の宮原知子選手。

ISU非公認ですが自己ベストを上回るスコア、持ち前の安定感で3連覇に向け好スタート。

2位は2014年の全日本フィギュア表彰台の本郷理華選手。ノーミスで自己ベストに迫るスコアを出しました。

3位は去年2位の樋口新葉選手。ノーミスの演技で自己ベストを上回る得点。

インフルエンザでジュニアグランプリファイナルを欠場した本田真凜選手はほぼノーミスで涙。

浅田真央選手は予定していたトリプルアクセルが抜けてしまいシングルに。ステップは圧巻も最終グループに入れず。

村上佳菜子選手は練習でも不調だったフリップが抜け1Fになりジャンプ一つ無得点。得点を伸ばせず。それでも笑顔のキスクラ。

この後は男子フリーの実況をお届けします→全日本フィギュアスケート選手権2016 男子フリーの結果

順位 選手 得点 FS進出
1 宮原知子 76.49 Q
2 本郷理華 69.20 Q
3 樋口新葉 68.74 Q
4 本田真凜 67.52 Q
5 三原舞依 65.91 Q
6 坂本花織 63.36 Q
7 松田悠良 61.63 Q
8 浅田真央 60.32 Q
9 鈴木沙弥 60.06 Q
10 大庭雅 59.19 Q
11 滝野莉子 59.13 Q
12 村上佳菜子 58.52 Q
13 細田采花 56.88 Q
14 磯邉ひな乃 55.10 Q
15 中塩美悠 54.99 Q
16 新田谷凜 54.31 Q
17 白岩優奈 54.30 Q
18 廣谷帆香 53.42 Q
19 永井優香 53.23 Q
20 松嶋那奈 51.97 Q
21 今井遥 51.29 Q
22 笠掛梨乃 51.22 Q
23 木原万莉子 50.44 Q
24 小林聖依 49.14 Q
25 竹野比奈 47.39
26 上野沙耶 47.38
27 森下実咲 47.13
28 大澤陽 46.41
29 森千夏 45.10
30 船迫麗愛 41.12

フリーの結果はこちら↓
全日本フィギュアスケート選手権2016 女子フリーの結果