フィギュアスケートのGPFことグランプリファイナル2016のシニアの女子ショートの結果と順位・得点の速報です。

女子のGPファイナルには日本代表の宮原知子選手が出場。現世界女王のメドベデワ選手らと世界一を争います。

今年のグランプリシリーズのファイナルの開催地はフランス・マルセイユです。

↓グランプリファイナル2016 女子フリーの結果はこちら↓
グランプリファイナル2016 マルセイユGPF女子フリーの結果

グランプリファイナル2016 マルセイユGPF女子ショートの結果

2016-2017シーズン ISUジュニアグランプリファイナル2016
ISU Junior Grand Prix of Figure Skating Final 2016/17
開催地:フランス・マルセイユ
日程:2016年12月9日(金)
※日本時間12月10日
女子シングル ショートプログラム 結果・リザルト

↓日程・タイムスケジュールとその他のクラスの出場選手や滑走順・結果はこちらから↓
グランプリファイナル・ジュニアグランプリファイナル2016 日程と時間

ジグランプリファイナル2016 女子ショートの結果・順位

SP1位はロシアのメドベージェワ選手。GPSでは珍しくミスもあった女王がパーフェクトな演技で浅田真央選手の持っていた世界歴代最高得点を更新。

カナダのオズモンド選手がノーミスの演技で2位。

宮原知子選手は3-3以外はクリーンな滑り。3Lz+3Tはぎりぎり。自己ベストを更新してSP3位。

簡単な演技の構成と技術点・演技構成点を一番下に掲載していきます。

SP順位 選手 得点
1 エフゲーニャ・メドベージェワ ロシア 79.21
2 ケイトリン・オズモンド カナダ 75.54
3 宮原知子 日本 74.64
4 アンナ・ポゴリラヤ ロシア 73.29
5 エレーナ・ラジオノワ ロシア 68.98
6 マリア・ソツコワ ロシア 65.74

SPの得点と技術点・演技構成点・構成

全選手のSPの得点と技術点・演技構成点 簡単な構成を掲載します。プロトコルが発表されたら追記します。

エフゲーニャ・メドベージェワ:79.21点 世界新
(技術点:42.55点 演技構成点:36.66点 減点:0.00点)
FCSp StSq / 3F+3T 3Lo 2A CCoSp LSp
全ての要素に1点以上の加点が付く演技。レベルの取りこぼしもなし。全てのジャッジが2点以上をつける。世界歴代最高得点を更新。

ケイトリン・オズモンド:75.54点
(技術点:40.62点 演技構成点:34.92点 減点:0.00点)
3F+3T 3Lz FCSp / 2A LSp StSq CCoSp
クリーンでパーフェクトな演技。減点要素がなく全ての要素ですべてのジャッジが+評価。

宮原知子:74.64点
(技術点:40.99点 演技構成点:33.65点 減点:0.00点)
2A StSq / 3Lz+3T CCoSp 3Lo FCSp LSp
エラーも回転不足もレベルの取りこぼしもなくこの舞台でPB更新。マイナス評価はなし。

アンナ・ポゴリラヤ:73.29点
(技術点:38.55点 演技構成点:34.74点 減点:0.00点)
3Lz+3T CCoSp FCSp / 3Lo 2A StSq LSp
ターンが入ってしまったループ以外は高い評価。

エレーナ・ラジオノワ:68.98点
(技術点:35.07点 演技構成点:33.91点 減点:0.00点)
3Lz+3T FCSp CCoSp / 3Lo 2A StSq LSp
詰まった着氷が多くループは回転不足。スピンやステップは高い評価。

マリア・ソツコワ:65.74点
(技術点:33.31点 演技構成点:32.43点 減点:0.00点)
3Lz+3T FCSp StSq / 3F 2A CCoSp LSp
フリップとアクセルがURで得点は伸びず。ステップには高い加点。