フィギュアスケートのGPFことグランプリファイナル2016のシニアの男子ショートの結果と順位・得点です。

男子のGPファイナルには日本代表の羽生結弦選手、宇野昌磨選手が出場。羽生結弦選手は4連覇がかかっています。

ハビエル・フェルナンデス選手、パトリック・チャン選手もそろった今年のファイナル。開催地はフランス・マルセイユです。

↓グランプリファイナル2016 男子フリーの結果はこちら↓
グランプリファイナル2016 マルセイユGPF男子フリーの結果

グランプリファイナル2016 マルセイユGPF男子ショートの結果

2016-2017シーズン ISUジュニアグランプリファイナル2016
ISU Junior Grand Prix of Figure Skating Final 2016/17
開催地:フランス・マルセイユ
日程:2016年12月8日(木)
男子シングル ショートプログラム 結果・リザルト

↓日程・タイムスケジュールとその他のクラスの出場選手や滑走順・結果はこちらから↓
グランプリファイナル・ジュニアグランプリファイナル2016 日程と時間

ジグランプリファイナル2016 男子ショートの結果・順位

羽生選手は4回転ループの着氷に乱れがあったもののその他はクリーンな滑りでSP1位。

2位は4回転ジャンプは1本ながら全ての要素で1点以上の加点が付くパーフェクトな演技をみせたパトリック・チャン選手。

フェルナンデス選手はジャンプでミスがありSP3位、宇野昌磨選手は4Tがダウングレード判定、転倒しコンボ抜けもあり4位スタートです。

簡単な演技の構成と技術点・演技構成点を一番下に掲載していきます。

SP順位 選手 得点
1 羽生結弦 日本 106.53
2 パトリック・チャン カナダ 99.76
3 ハビエル・フェルナンデス スペイン 91.76
4 宇野昌磨 日本 86.82
5 ネイサン・チェン アメリカ 85.30
6 アダム・リッポン アメリカ 83.93

SPの得点と技術点・演技構成点・構成

全選手のSPの得点と技術点・演技構成点 簡単な構成を掲載します。プロトコルが発表されたら追記します。

羽生結弦:106.53点
(技術点:59.18点 演技構成点:47.35点 減点:0.00点)

パトリック・チャン:99.76点
(技術点:52.66点 演技構成点:47.1点 減点:0.00点)

ハビエル・フェルナンデス:91.76点
(技術点:47.45点 演技構成点:45.31点 減点:1.00点)

宇野昌磨:86.82点
(技術点:44.38点 演技構成点:43.44点 減点:1.00点)

ネイサン・チェン:85.3点
(技術点:45.62点 演技構成点:40.68点 減点:1.00点)

アダム・リッポン:83.93点
(技術点:41.37点 演技構成点:42.56点 減点:0.00点)