フィギュアスケートのJGPFことジュニアグランプリファイナル2016の女子ショートの結果と順位・得点を速報&実況でお届けします。

女子ジュニアのGPファイナルには日本代表の坂本花織選手、紀平梨花選手が出場します。

※本田真凜選手は当日に棄権が発表されました。
本田真凜がジュニアグランプリファイナル2016を棄権 理由は体調不良

ジュニアグランプリファイナル2016 JGPF女子ショートの結果

2016-2017シーズン ISUジュニアグランプリファイナル2016
ISU Junior Grand Prix of Figure Skating Final 2016/17
開催地:フランス・マルセイユ
日程:2016年12月8日(木)
女子シングル ショートプログラム 結果・リザルト

↓日程・タイムスケジュールとその他のクラスの出場選手や滑走順・結果はこちらから↓
グランプリファイナル・ジュニアグランプリファイナル2016 日程と時間

ジュニアグランプリファイナル2016 JGPF女子ショートの結果・順位

SP1位はジュニア世界新の70点台のスコアを出したロシアのザキトワ選手。両手を上げる両タノで高い加点。

坂本花織選手はノーミス。自己ベストには届きませんでしたが安定感のある演技でした。

紀平梨花選手はルッツで転倒。プログラムの中でコンボをつけることができませんでした。

簡単な演技の構成と技術点・演技構成点を一番下に掲載していきます。

SP順位 選手 得点
1 アリーナ・ザギトワ ロシア 70.92
2 坂本花織 日本 64.48
3 アナスタシヤ・グバノワ ロシア 60.30
4 エリザベータ・ヌグマノワ ロシア 58.34
5 紀平梨花 日本 54.78

SPの得点と技術点・演技構成点・構成

全選手のSPの得点と技術点・演技構成点 簡単な構成を掲載します。プロトコルが発表されたら追記します。

アリーナ・ザギトワ:70.92点
(技術点:41.12点 演技構成点:29.8点 減点:0.00点)

FCSp StSq / 3Lz+3T 3Lo 2A LSp CCoSp
両手を上げてのジャンプという高い加点が付く演技。リッポンルッツがジュニアでも。レベルの取りこぼしもないシニアレベルの演技です。

坂本花織:64.48点
(技術点:36.87点 演技構成点:27.61点 減点:0.00点)

3Lo LSp FCSp / 3F+3T 2A StSq CCoSp
ノーミス。あとはステップのレベル3→4に。最初のループは1.3点の加点。

アナスタシヤ・グバノワ:60.3点
(技術点:31.9点 演技構成点:29.4点 減点:1.00点)
2A FCSp LSp / 3Lz 3Lo StSq CCoSp
ルッツで転倒しコンボ抜け。ステップはレベル4もスピンでのレベルの取りこぼしが惜しい。

エリザベータ・ヌグマノワ:58.34点
(技術点:30.83点 演技構成点:28.51点 減点:1.00点)
3Lz LSp FCSp / 3Lo 2A StSq CCoSp
ルッツで転倒しコンボ抜け。スピン・ステップでレベルの取りこぼしがないだけに転倒が悔やまれる。

紀平梨花:54.78点
(技術点:28.18点 演技構成点:27.6点 減点:1.00点)

2A FCSp LSp / 3Lz 3Lo StSq CCoSp
後半のルッツで転倒。コンボ抜け。スピン・ステップはレベル4を取れているだけに転倒した3LzのDGが残念。